ミランダ&オーランドに復活婚の予感? 離婚後もご近所同士で家族愛を育む
 オーストラリア出身のファッションモデル、ミランダ・カー(32歳)とイギリスを代表する色男俳優オーランド・ブルーム(38歳)に復活婚の可能性が浮上しています。

◆子どものためにお向かいさん生活

 二人は2007年から交際をはじめ、2010年に結婚。翌年には長男のフリン君(4歳)に恵まれましたが、その数か月後から別居を始め、2013年には離婚しています。

 今回の噂は、母の日直前の5月8日、オーストラリアの人気ラジオ番組「The Kyle and Jackie O Show」に出演したミランダが “子育てトーク”をしたのがきっかけ。

『The Daily Telegraph』によれば、ミランダ流のママ哲学を語る中で、「オーランドと私は今、道路を挟んで向かい同士で住んでいるの。子どものためになると思って二人で出した決断よ」と最近ニューヨークからLAに住まいを移したことを明かし、番組のホストを驚かせたのだといいます。

 もともと離婚する際に、子どもの事を第一に考え、お互い協力し合えるフレンドリーな関係でいようと約束したという二人。今年のアカデミー賞後のパーティから一緒に帰るところを目撃されるなど、二人のツーショット情報は必然的に多くなり、その度に復活婚の噂がささやかれてきました。

◆セレブの複雑な恋愛事情

 その一方で、美男美女の二人は新しい恋の噂もあとを絶ちません。

 離婚後、ミランダにはオーストラリアのカジノ王ジェイムズ・パッカーやトム・クルーズとの恋の噂が浮上。オーランドと別居状態だった頃には、あのお騒がせ王子ジャスティン・ビーバーとのスキャンダルもあったと、『Daily Mail』が伝えています。

 一方、同誌によると、オーランドはミランドと噂になる男の“元カノ”たちとの噂が多く、カジノ王の元妻エリカ・パッカーとのツーショットを撮られたり、ジャスティンの元カノのセレーナ・ゴメスと一緒にいる所を激写されたりしたこともあったようです。

 この複雑な男女関係のおかげで、昨夏にはジャスティンがオーランドに向かってミランダに関する暴言を発し、それがきっかけで乱闘騒ぎになりかけるという事件も発生。当時のニュースを覚えている読者も多いのではないでしょうか。

◆ただの良いパパから夫に返り咲き?

 幸い、両親の複雑なゴシップ記事など知るすべもない幼いフリン君は、二人の家を歩いて行ったり来たりする穏やかな生活を送っているようです。実際、ミランダとオーランドは彼の送り迎えでほぼ毎日顔を合わせていて、とても良い「家族関係」を保っているのだとか。

 前途のラジオ番組では、「うちのフリンはアメリカ育ちなのに、よく周りから綺麗なブリティッシュアクセントの英語をしゃべるわねって言われるの。これも父親の育児のおかげよ」と、英国出身の元夫の育メンぶりを大絶賛したというミランダ。

 はたして、オーランドがただの良いパパから昇格し、ミランダの夫に返り咲く日は来るのでしょうか?

Source:
『The Daily Telegraph』http://bit.ly/1FgQEHB
『Daily Mail』 http://dailym.ai/1zWtcgC

<TEXT/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)