レーシングスピリットとテクノロジーを惜しみなく投入した新モデル

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本(東京都港区)は、「メルセデスAMG(エーエムジー) GT(ジーティー)」を2015年5月8日に発表し、注文受付を行っている。

AMGは1967年に誕生。その名前は、創立者のハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Aufrecht)、パートナーのエバハルト・メルヒャー(Melcher)、アウフレヒトの出生地グローザスパッハ(Grossaspach)の頭文字から取られたもの。当初はメルセデス・ベンツの市販車をベースに独自の改良を施したレーシングマシンを製造し、数々のレースで輝かしい成績をおさめてきた。88年からはメルセデス・ベンツと本格的なパートナーシップを組み、メルセデスのハイパフォーマンスモデルの開発とエ ンジンの生産を行っている。

新モデルはメルセデスAMG社完全自社開発によるスポーツカーの第2弾。"Handcrafted by Racers.(ハンドクラフテッド・バイ・レーサーズ)"をスローガンに、スポーツカーを愛する人のために、モータースポーツを心から愛する者たちが創り上げたという。

専用に新たに開発された「AMG4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン」を搭載。軽量化を進めながらも高い強度を実現した。また、2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとすることで、エンジンを可能な限りコンパクト化し吸気経路の最適化を実現したという。

その他、安全運転支援システム「レーダーセーフティ」や大容量のラゲッジルームなど、高い安全性と快適性も両立している。

全国のメルセデス・ベンツ正規販売店で取り扱う。なお、「メルセデスAMG GT S」(1840万円=税込)は5月中旬、「メルセデスAMG GT」(1580万円=同)は9月以降の発売を予定。