米歴史学者にぶれ 慰安婦問題に異なる見解や同一人物の署名

ざっくり言うと

  • 慰安婦問題について教科書に執筆した米歴史学者らの「ぶれ」が指摘された
  • 異なる見解の声明に署名している人物がいるという
  • 学者らは「数の問題ではない。女性の尊厳が奪われたことが問題だ」と主張

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング