ソウル市が向かい合う現実…実は日本統治時代の建築物だらけ

ざっくり言うと

  • ソウル市は日本統治時代に建てられた国税庁南大門別館を解体すると発表した
  • これは同市が進める「光復70周年」記念事業の一環だという
  • 市内は統治時代の建築物が多く、同事業の計画に苦心していると筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング