写真提供:マイナビニュース

写真拡大

5月14日〜17日の4日間(14日15日業者招待日、16日17日一般公開日)にツインメッセ静岡にて開催中の「第54回 静岡ホビーショー」にて、ガンプラ『HG ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型)』や『HGPG プチッガイ』などの新商品がお披露目された。

2015年3月に完結した富野由悠季監督の最新作『ガンダム Gのレコンギスタ』からは、『HG ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型)』が初展示。「ガンダム G-セルフ(パーフェクトパック装備型)」は、主人公ベルリ・ゼナムが搭乗するモビルスーツ(MS)で、ビーナス・グロゥブで開発された7つ目となる最新鋭バックパックを装備した形態で、物語の終盤で活躍した。G-セルフのガンプラ化としては現在発売中の『HG ガンダム G-セルフ(大気圏用パック装備型)』と『HG ガンダム G-セルフ(アサルトパック装備型)』に続く立体化となる。

また、2015年4月に終了したTVアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』からは、『HGPG プチッガイ』シリーズも。もともと劇中で、カミキ・ミライが初めて製作した「ベアッガイII」の改造機「ママッガイ」の背に乗せられていたプチッガイだが、今回さまざまなカラーバリエーションが展開される。公開されたのは「バーニングレッド」「ウイニングイエロー」「ライトニングブルー」「フューチャーピンク」の4種類で、パズルピースのような台座の上で可愛らしいポーズでディスプレイされていた。

そのほか「第54回 静岡ホビーショー」では、『MG ガンダムアメイジングレッドウォーリア』や『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』シリーズの新商品などが続々と展示されていた。

(C)創通・サンライズ