「未来のデザイナー」7人が集結する、WXDカンファレンス:6/6(土)開催 #WXD

写真拡大

未来のデザイナーに求められる資質とはなにか? そのとき必要となる新しい視点とは? 世界のデザイン最前線を走る7人が登壇する、300人規模のデザインカンファレンス。6月6日(土)に東京・青山のスパイラルホールで開催。

「「未来のデザイナー」7人が集結する、WXDカンファレンス:6/6(土)開催 #WXD」の写真・リンク付きの記事はこちら
WXDカンファレンス「未来のデザイナー」

日時:2015年6月6日(土)15:00〜20:00
    ※受付開始(14:30〜)
    ※懇親会 (20:30〜22:00)

会場:スパイラルホール(青山SPRIAL 3F)
    〈東京都港区南青山5-6-23〉

>>詳細・チケットのお申込みはこちら

デザイン流行りのこのご時世、あらゆるものが「デザイン」される対象となっています。それはかたちのあるものとは限りません。人間関係とか、体験とか、情報といったものまでもが「デザイン」されるようになり、証券会社までも含むあらゆる企業、さらには行政府にいたるまでが、デザイナーを求めるようになっています。

ここで言われる「デザイン」が、いままで当たり前と思っていた「ものごとのありよう」、つまりはその構成や構造を編成しなおす、ということであるならば、いま「デザイナー」に求められているのは、従来の「ものごとのありよう」を、根本から問い直す、新しい眼、なのではないでしょうか。

──『WIRED』日本版 編集長 若林 恵

『WIRED』日本版は、6月6日(土)に青山のスパイラルホールにて、「未来のデザイナー」をテーマに、300人規模のカンファレンスを開催する。

「20世紀のあたりまえ」を疑い、21世紀のフレームワークをつくるために必要な思考・マインドセットとは何か。各分野において最前線で活動する7人の「デザイナー」たちが登壇する。

「テクノロジーデザイン」は、フィジカルなものとデジタルな世界を「経験」に変え、インダストリアルデザインを新たな領域に昇華させるのです。──ガディ・アミット “It’s Time For Industrial Design to Grow Up” (Fast Company)より

なかでも注目のスピーカーは、アメリカから招聘するガディ・アミットだ。初期のアップル製品のデザインを担当したことで有名なデザイン会社frogdesignでヴァイスプレジデントまで務めた後に、2000年に独立してテクノロジーデザインファームNewDealDesignを創設した。

UIやUXといったデジタルと、プロダクトのフィジカルの両者をともにデザインしていく「テクノロジーデザイン」を得意とするNewDealDesignは、これまで数多くのイノヴェイティヴなデジタルプロダクトを手掛けてきた。

発売中の雑誌最新号Vol.16で紹介しているグーグルのモジュラー・スマートフォン「Project Ara」もそのひとつだ。

アミットは、このプロジェクトを単なる「製品デザイン」だけではなく、その製品を構成している「システム」自体に目を向けた。Araによって彼が成し遂げんとしているのは、産業そのものをリデザインすることのようだ。(続きは、本誌の記事とカンファレンスのキーノートスピーチで!)

グーグルからスマホの未来を託された、ガディ・アミットのモジュラー革命

ユーザーが必要なパーツのみを組み合わせて使う「モジュラースマホ」。実現すれば、誰もが自由に市場に参入し、モジュールを開発・販売することが可能となるだろう。ユーザーにも開発者にも「自由」をあたえるこのコンセプトは、スマホ界に革命を起こすのか。6/6開催のカンファレンスにも登壇予定のガディ・アミットが語る。(雑誌『WIRED』VOL.16より転載)

そうした大きな枠組においてものごとをリデザインすることは、プロダクトデザインにおいてのみにいえることではない。ロボット工学者の岡田美智男や、建築家の重松象平・豊田啓介らはそれぞれの分野において、いま何がリデザインされようとしているのか、どんな視点が必要なのかを教えてくれるはずだ。

「クリエイティヴ」という言葉は、危険でもある。いまなんでもかんでもが「スマート〇〇」と呼ばれている。そして、みんながそれを「クリエイティヴ」だと言う。でもそれは本当の意味でクリエイティヴではない。──重松象平 「WIRED CONFERENCE 2014 Future City」より

建築設計集団OMAのニューヨーク事務所代表として、世界の建築界の最前線で活躍する重松象平は、より大きな社会課題と対峙するとき、「建築家」はもはや単に「建物のデザイン」をするだけの職業ではなくなると言う。そのとき、建築家はどんな思考や視点をもって、なにを「デザイン」することになるのか。昨年のWIRED CONFERENCEで都市の未来について語った彼が、最新のアイデアを携えて再び来日する。

テクノロジーの「Application=応用」ではなく、「Implication=意味」を考える。「これが未来だ! こういう未来にしよう!」ではなく、ああいう世界もあったかもしれない。で、皆さんはどうしましょう? ──牛込陽介 「YOSUKE USHIGOME」オフィシャルブログより

スペキュラティヴ・デザインの本山として知られる英国RCA(ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)卒業の俊英・牛込陽介の発表テーマは「問いのデザイン」だ。彼は「デザイン」を単なる課題解決のためのツールとは考えていない。課題ではなく、むしろ「問い」を設計すること。そこにデザインというものの新しい価値を探るのが「スペキュラティヴ」という言葉に込められた考え方だ。

ロンドンの気鋭デザインスタジオ「Superflux」のアソシエイトとして世界で活躍し、今年からtakram design engineeringのロンドンスタジオでデザイナーを務める彼は、本イヴェントのためにイギリスから来日し、課題解決を超えた新しいデザインの発想方法について発表する。

デザインの使命は「問い」を生み出すこと:Superfluxの「スペキュラティヴ・デザイン」とは

デザインシンキングのような課題解決型ではなく、これからの社会はどうなっていくのかを考え、未来のシナリオをデザインして、いまの世界に違った視点を提示する「スペキュラティヴ・デザイン」。ロンドンのデザインスタジオ「Superflux」が実践するそのヴィジョンとは。(本誌VOL.15の総力特集「ワイアード・バイ・デザイン」より転載)

ぼくがいちばん興味あるのはアイデアだ。新しいアイデア=デザインを生み出していくこと、そして世界をいまよりもう少し楽しい場所にすること。常識をその定位置から少しずらしてあげることで、それまで気づきもしなかった新しいデザインが姿を見せてくれる。 ──ドミニク・ウィルコックス 『WIRED』日本版VOL.15

「問い」を生み出すデザインは、アートの領域にも近づき、両者の境をあいまいにしていく。

英国と日本のデザイン界で、それぞれ注目を集めるふたりの天才、ドミニク・ウィルコックスと鈴木康広は、各々がこれまでに手がけてきた作品を通して、今日のデザインというものが、アートと隣接する領域においてどんな可能性を秘めているのかを提示する。

英国の天才デザイナー、ドミニク・ウィルコックスが描く、未来のあたりまえ

英国で注目のデザイナー、ドミニク・ウィルコックス。“ヘタうまイラスト”で彼が描き出すのは、日常を新たな視点で見ることで生まれる、未来のあたりまえだ。(本誌VOL.15の総力特集「ワイアード・バイ・デザイン」より転載)

新しい問いを生み、思いもしなかったやり方で世界を再編成するための「視座」を明らかにすること。そこから「デザイナーって何だ?」という新しい問いが生まれてくることがこのカンファレンスの狙いだ。その問いは、デザインを職業とする「デザイナー」だけでなく、あらゆる人にいま求められているものではないだろうか。

WXDカンファレンス「未来のデザイナー」

日時:2015年6月6日(土)15:00〜20:00
    ※受付開始(14:30〜)
    ※懇親会 (20:30〜22:00)

>>詳細・チケットのお申込みはこちら
 
参加費:15,000円(税別)

会場:スパイラルホール(青山SPRIAL 3F)
    〈東京都港区南青山5-6-23〉

定員:300名

主催:コンデナスト・ジャパン

お問い合わせ:wired-event@condenast.jp【プログラム・登壇者紹介】

15:00 ご挨拶 『WIRED』日本版 編集長 若林 恵

15:10 Keynote「テクノロジー・デザイナー」 
    ガディ・アミット(米NewDealDesign創設者)

15:50 Keynote「あたりまえのヴァリエーション」
    ドミニク・ウィルコックス(英国の天才デザイナー)

16:30 Keynote「弱いロボットデザイン」
    岡田美智男(豊橋技術科学大学教授・ICD-lab)

17:00 休憩

17:15 Presentation「都市の移動をゼロからデザインする」

17:30 Keynote「世界は驚きに満ちている」
    鈴木康広(アーティスト・東京大学中邑研究室客員研究員)

18:00 Keynote「スペキュレイトせよ!」
    牛込陽介(デザイン会社takram Londonデザイナー)

18:40 休憩

18:55 Lecture「アルゴリズミック・デザイン」
    豊田啓介(建築デザイン事務所noiz共同主宰)

19:35 Keynote「建築はすべてをデザインする」
    重松象平(建築設計集団OMAパートナー)

20:15 Closing Talk 「未来のデザイナーへ」 若林 恵

20:30 懇親会

WXD特集サイト:「デザイン」をリデザインする25の視点

デザインは、いまのあたりまえをちょっとずつ疑う方法であり、実験だ。3月10日に発売された雑誌の特集「ワイアード・バイ・デザイン」では、デザインの領域を拡張し、新しいものの見方を提示する25の事例を掲載している。そこで紹介したデザイナーや企業サイト、その関連動画や参考書籍をまとめて紹介。


TAG

ConferenceDesignEventWXD