黒沢かずこ

写真拡大

14日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で森三中の黒沢かずこが、エッセイストの犬山紙子氏を批判する一幕があった。

この日の放送では「マイナス思考芸人」と題し、ネガティブな発想の芸人が集結して心の闇をぶちまけた。

芸能界入りして17年目を迎えたという黒沢は、いまだ業界に馴染めず、反対に2〜3年のキャリアで場馴れする人間が信用できないという。

黒沢は、グルメレポートの中継を例に出して「ワイプ(画面)で『へ〜わ〜おいしそ〜』って、ひとりでしゃべる人いるじゃないですか」「あれができなくて、やってる人見ると『すげぇ馴染んでる、芸能界に』って思う」と声を荒らげた。

ほかの出演者が大ウケする中、さらに黒沢は「犬山紙子さんっているじゃないですか?うわ〜犬山紙子、超言ってる!って思って」と妬むような態度をみせた。最近、犬山は情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)のコメンテーターに起用されるなど、メディアへの露出が増えている。

黒沢はそんな犬山の著書「負け美女」とかけ、犬山を「全然“負け犬”じゃねえじゃん!と思いますけど」と、怒りをあらわにして笑いを誘った。

【関連記事】
「スッキリ!!」の新コメンテーター・犬山紙子氏が独航空機事故について語る「こういう人が操縦しないで欲しい」
森三中・黒沢かずこが「イッテQ!」でセイウチショーを大成功させる 内村光良も驚き
森三中の大島、生放送中にインパルス・堤下への怒りをぶちまけ