第4回大阪マラソンの最終エントリー数

写真拡大

 大阪マラソン組織委員会は、10月25日に開催する第5回大阪マラソンのランナー募集を、4月6日10時〜5月8日17時まで行い、5月13日にランナーエントリー数を発表した。

 ランナーエントリー総数は137,814人で、マラソンのエントリー数は130,975人(募集定員30,000人)だった。その内訳は、個人エントリーが100,914人、市民アスリートが1,010人、チャリティランナーが181人(5月8日17時時点)、ペアエントリーが12,628人(6.314組)、グループエントリーが16,242人(2,436組)となっている。8.8kmのチャレンジラン(募集定員2,000人)エントリー数は6,839人だった。抽選結果は、6月上旬から順次、申込者全員に通知する。

 エントリー総数のうち、アジアを中心に欧米など54の国と地域から、2014年大会の5,304人から約4割増となった、過去最高となる7,478人の国外エントリーが集まった(マラソン/6,416人、チャレンジラン/ 1,062人)。

 最高年齢エントリーは、一般ランナーでは、マラソンが87歳の男性、チャレンジランが91歳の男性。市民アスリートは、73歳の男性だった。

 なお、チャリティランナーは、7月31日17時まで、引き続き募集している。