「ローマと錦織圭」というと、思い出される挿話がある――。2008年のデルレイビーチ国際で衝撃のツアー初優勝を果たした時、当時のコーチが満面の笑みを浮かべながら明かしたエピソードだ。

「圭が最近、僕に『いつヨーロッパ遠征に行けるかな』と聞いてきたんだ。『なんで?』と聞き返すと、食べ物が楽しみだと言う。ウインブルドンがあるぞって言ったら、『ノーノー。イングランドのフードはダメだよ』だって。イタリアに行きたいと言うから、『ローマでチャレンジャー(下部ツアー大会)があるけれど、飛行機代が高いぞ』と言ったら、『じゃあ我慢する』って言ってたよ」

 当時の錦織は18歳――。デルレイビーチで優勝した時のランキングは244位。アメリカ国内や南米の大会を中心に回っていた当時の彼にとって、ヨーロッパは遠い憧れの地であった。

 月日は流れ、飛行機代の高さゆえにローマ遠征をあきらめたプロ駆け出しの若手も、今や世界中の大都市が訪れを心待ちにする「テニス界の顔」となった。マスターズ・ローマ大会はもはや、本人が望むと望まざるとにかかわらず、出場が義務づけられた大会である。

 そのような位置づけの変遷を持つローマであるが、錦織がこの地のマスターズに出るのは、今回がまだ3回目。初出場の2011年は予選2回戦で敗れているので、本戦に限れば2013年に次いで2度目の出場である。昨年は、前週のマドリード大会で準優勝してランキングも9位に達したが、連戦で負ったケガのために欠場。ローマは錦織にとって、最も苦しめられている大会のひとつとなっている。

 その理由は、明快だ。マドリードとローマのマスターズが2週連続で行なわれる5月上旬は、ただでさえ超過密を叫ばれるテニスツアーにおいて、最もタフで残酷な季節である。マドリードとローマの両大会は、どちらも56ドロー(トーナメントの出場者人数)。トップシード8選手は初戦を免除されるが、それでも優勝するには5試合を勝ち抜かなければいけない。それも1週間で行なわれるのだから、終盤は4〜5連戦となる。最大3セットマッチとはいえ、連戦続きという意味ではグランドスラムよりも過酷だ。

 錦織のトレーナーとしてツアーに帯同する中尾公一氏は、「ケガは基本的に、食べて寝なくては回復しない」と言う。だからこそ、たとえ1日といえども試合間に休養日があることは、周囲が思う以上に大きな意味を持つようだ。昨年の錦織は、3月に痛めた股関節のケガが完全に癒えないままに、マドリード大会を戦っていた。テニスそのものは絶好調で決勝まで勝ち進むが、激しい連戦の中で股関節をかばって動いたため、ふくらはぎに大きな負荷を掛けてしまう。結果、大会中にふくらはぎを負傷し、ローマ大会の欠場を余儀なくされた。

 この5月の過酷なスケジュールに悩まされているのは、何も錦織だけではない。現に今回のローマでも、世界ランキング4位に上り詰めたばかりのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は足の負傷のため欠場。マドリードで3回戦進出のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン/世界ランキング35位)は、フルセットの熱戦3試合の代償として身体を痛め、やはりローマを見送っている。また、ガエル・モンフィス(フランス/世界ランキング15位)も、マドリード2回戦で戦った3時間20分の激闘の最中にひざを負傷したため、ローマは見送った。

※ランキングは5月14日現在。

 そのような負傷や体力の疲弊を避けるため、あらかじめマドリード大会を欠場したのが、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)だ。悲願のフレンチオープン初優勝にターゲットを定めるジョコビッチは、その標的確保に万全を期するため、ペナルティ覚悟でマドリードをスキップした。世界1位が下したこの決断は、マスターズ2週連続開催がいかに選手を疲弊させるかを物語っている。

 その鬼門のローマの地に、今年の錦織は堂々第5シードとして立っている。もちろん、「体力的には楽ではない。バルセロナ、マドリードと厳しい連戦が続いているので、できれば1週休んでローマだと助かります」と苦笑し、過密スケジュールに対する苦言もやんわりと呈(てい)してはいた。

 それでもローマ大会の初戦(2回戦)では、世界ランキング40位のイジ・ベセリ(チェコ)相手に2時間11分、7−6、7−5のスコアの熱戦を制して3回戦へと歩みを進めた。

 試合序盤は、伸び盛りの21歳が長身から打ち下ろすサーブや、高い打点から叩き込まれるバックの強打に苦しめられ、相手に先行される苦しい戦いを強いられた。太陽が天頂から照りつけ、集中力を維持するのも困難な状況だったが、それでも第1セットは終盤で追い付き、タイブレークの末に競り勝つ。第2セットはサービスキープに軸足を置きつつ、ゲームカウント5−5の勝負どころで「集中し、積極的に攻めて」ブレークに成功。本人も「最高のプレーではなかった」「疲れも出てくるころ」と認めながらも、「いつも100点は難しいが、その中で2セットで勝てたのは良かったです」と安堵の笑みをこぼした。

 このローマ大会に出場したことで、今季の錦織が密かに更新している記録がある。それはシーズン中盤戦のここまで、試合の途中棄権や、大会欠場が一切ないということだ。加えて、試合中のメディカルタイムアウトもゼロ。これは、昨年の同時期の状況と比べると、驚異的な成長幅として、ことさらくっきり浮きあがる。

 昨年の錦織は、今年と同様に2月のメンフィス大会で優勝するも、その翌週のデルレイビーチでは2回戦で棄権。翌週に出場予定だったアカプルコ大会も欠場した。その後、3月のマイアミオープンではベスト4進出の快進撃を見せるも、股関節のケガのため準決勝は無念の棄権。そして前述したように、5月のマドリードオープンでは決勝を途中棄権し、翌週のローマは欠場を強いられた。

 ちなみに今年のマドリードを終えた時点で、錦織の戦績は29勝6敗。試合数は35であり、これはジョコビッチ、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、アンディ・マリー(イギリス)の「ビッグ」と比べても、マリー(30勝5敗)と並んで最多の数字である。

 今季の『棄権ゼロ』の背景には複合的な要因があり、単純に「錦織がケガに強くなった」とひと言で済ませられるものではないだろう。例えば出場大会のスケジュールにしても、今年は最初からデルレイビーチを入れていない。今の錦織は、出場したすべての大会で上位進出が想定されるため、可能な限り2週連続の出場は回避しているのだ。

 また、2013年シーズンからフルタイムでトレーナーを帯同させ、常に身体のケアをしていることも大きいようだ。錦織も、「少しでも痛みが出た時は、すぐにケアしてもらっています」と語る。ひとつのケガを抱えたまま試合に出ることは、負傷個所をかばい、別の部位に負荷を掛けることでもある。だからこそ故障前の対処は重要であり、同時に錦織たちは、負傷や筋力の弱い個所をかばう代償動作をなくすことにも時間を掛け取り組んできた。

 この『棄権ゼロ』の要因を問われると、錦織本人は「なんですかねぇ......」と、うなるようにつぶやき、しばし考えを巡らせ、そしてうなずくように言葉を続けた。

「今年だけの結果ではなく、この2〜3年しっかりトレーニングした結果として、今があると思います。リハビリなど細かいこともやっているのと、日々の積み重ねかと」

 それが、彼が知る真理である。

 かつては憧れ、その後は苦しめられてきた古都の地に、錦織は今、第5シードとして立ち、その責務を果たすかのように勝利をつかみ取った。

 それは「ローマは一日にして成らず」のごとく、長き歳月を掛けながら、積み重ねてきた地道な努力の証(あかし)である。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki