スーパーヒーロー出現!?ドバイ発の新スカイスポーツ「ジェットパック」の魅力

写真拡大

空を楽しむアクティビティとなれば、誰もがイメージするのが、パラグライダーやスカイダイビングか。最近では、スカイダイビングのスタイルも多様になっており、ネット上ではまるでムササビのように風を受けて飛ぶ、ウイングスーツの動画が人気だ。

しかし、ここで紹介するアクティビティは、そのどれともまったく違う。「ジェットパック」は、まるでスーパーヒーローのように背中にジェットエンジンを積んで空を飛ぶ。

 

85singo_スクリーンショット 2015-05-15 13.48.05

85singo_スクリーンショット 2015-05-15 13.48.23

85singo_スクリーンショット 2015-05-15 13.49.33

85singo_スクリーンショット 2015-05-15 13.49.47

85singo_スクリーンショット 2015-05-15 14.22.56

85singo_スクリーンショット 2015-05-15 13.50.35

85singo_スクリーンショット 2015-05-15 13.51.06

これまでのアクティビティと決定的に違うのは、上昇することができる点だ。乗り物に頼ることなく、何かを装着することで空を翔る――その快感をパイロットのYves Rossy氏はこう語る。

「完全に自由だ」

重さ22kgのジェットエンジン付きウイングの横幅は直径2mほど。動画では、時速200kmというスピードで、美しいドバイの上空を飛ぶパイロットたちの姿を確認できる。
難を言えば、飛行時間が最大約13分ということぐらいか。“完全なる自由”を満喫できる時間は、まだまだ短いのだ。

Licensed material used with permission by XDubai