結果を残したい今大会の初日は出遅れ(写真は前週のサロンパスカップ)(撮影:福田文平)

写真拡大

<キングスミル選手権 初日◇15日◇キングスミル・リゾート リバーC(6,347ヤード・パー71)>
 15日に開幕した「キングスミル選手権」初日。3バーディ・5ボギーの“73”、2オーバー・76位タイ発進となった宮里藍は「手応えはある」と2日目の巻き返しを誓った。
【関連リンク】宮里藍の特選PHOTOを写真館でチェック!
 「思っていたよりもタフなコンディションで、特に毎ホールあらゆる方向から違う風が吹いていた。ショットの調子は悪くなかったと思いますが、ちょっとボギーが多かったですね」と振り返った宮里。前半をなんとか1オーバーで耐えるも、後半の10番、11番で連続ボギーとなり、3オーバーとなってしまう。
 12番からは好機を作り出す場面が増えるも、バーディは16番での1つのみ。「15番は取りたかった。3打目をピンまで突っ込めなかったので、明日はその辺の気持ちの流れを作っていきたい」と恐れず勝負していく気持ちを持って挑むという。
 「今日はフェアウェイを外していないし(唯一外したのは3番)、アイアンの距離感も良かった。グリーン周りのアプローチがちょっと合っていなかった感じですが、やっていることは間違ってないと思うし、手応えもある」と初日の内容は納得済み。先週参戦した「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」では4年ぶりとなる“国内ツアー予選落ち”を喫してしまった宮里だが、悔しさをぶつけるためにも2日には好スコアを出し、上位を狙っていって欲しい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【海外女子】J・クラッテンが単独首位発進!藍、さくら、智恵は出遅れ
【海外男子】石川遼、圧巻の1オンでイーグル奪取
【日本プロゴルフ選手権】リーダーボードはこちら!!
【ほけんの窓口レディース】LIVE PHOTOで激闘をチェック!!
【ギア】ゴルファーが選ぶ本当に飛ぶドライバーランク