写真提供:マイナビニュース

写真拡大

defytime Japanはこのほど、テロメア理論に基づいたエイジングケア製品「defytime TAA クリーム」を発売した。5月25日には、東京丸の内丸ビルにて、講演「ヒトテロメラーゼ酵素と老化・寿命について」を開催する。

「テロメア」は、遺伝子情報が詰まった染色体の先端にある部分のこと。ヒトの細胞は分裂を繰り返して新しくなるが、細胞分裂する際にそのテロメアが少しずつ短くなっていくという。一定の長さより短くなると細胞の生存性が失われ、身体にさまざまな老化現象が現れる。

その老化現象を食い止めることにつながると言われているのが「テロメラーゼ」という酵素だ。テロメラーゼは、細胞分裂するたびに短くなるテロメアを保護する働きがあるという。「テロメラーゼの活性を高めれば、細胞分裂の寿命を延ばすことができるのではないか」と、世界中でさまざまな研究が行われている。

今回、開催する講演には、テロメア研究第一人者のビル・アンドリュース博士が登壇。同博士は、テロメア短縮に介入することによって人間の寿命を延長する方法を研究している。講演では、これまでの研究データや開発秘話などを織り交ぜ、求めるビジョンやテロメア理論に基づく製品開発展望を含めて講義する。

講演日時は5月25日の14:15〜16:00(入場は14:00時より)。場所は東京丸の内丸ビル、丸ビルホール&コンファレンススクウェア8F。

同社では同博士が「テロメア」と「テロメラーゼ」の研究を基に開発したエイジングケア化粧品「defytime TAA クリーム」(ディファイタイム ティエーエ― クリーム)の販売も開始した。限定2,000個の販売で、価格は18万円(税別)。defytimeウェブサイトで販売している。

(フォルサ)