『巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ』ジェフ・ベゾス、ディック・コストロ、トム・ハンクス他/文藝春秋

写真拡大

世界を変えた起業家、教育者、俳優、映画監督。
豪華な12人が、イェール、MITなどの卒業生へ向けたスピーチを収録した本が『巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ』だ。

Amazon創業者 ジェフ・ベゾス
グーグル創業者 ラリー・ペイジ
ヤフー!創業者 ジェリー・ヤン
ツイッターCEO ディック・コストロ
フェイスブックCOO シェリル・サンドバーグ
カーンアカデミー創設者 サルマン・カーン
映画監督 マーティン・スコセッシ
俳優 メリル・ストリープ
俳優 トム・ハンクス
などなど。
凄いメンバーである。

“いま、世界に君臨する12人を豪華ラインナップ、十年に一度ともいうべき「金言集」!”
と惹句に力が入っているのもうなずける。

それぞれバラエティ豊かな渾身のスピーチだが、
成功者が話すキーを3つの法則にまとめて紹介しよう。
巨大な夢をつかむための3つの鍵だ。

第一の鍵【自分で決断せよ】
“結局のところ、私たちの「選択」こそが私たち自身を形づくっていくのです。”(ジェフ・ベゾス)
まず決断するのは自分だ、ということだ。
ひとの意見を聞くことも大切。だが、最後の決断は自分ですること。
「それは素晴らしいアイデアだね。でもそれは、今、良い就職先が見つかってない人がする仕事では?」
と上司に言われ、それに従っていたらAmazonはなかった。
ジェフ・ベゾスが「今、挑戦するときだ」と自分で決断しなければ、創業者として大きな夢をつかんだ彼はなかっただろう。

TwitterCEOディック・コストロは語る。
“自分の行動を他人に決めてもらうのが習慣になったら、人生というステージの上で、ただ立ち尽くすしかないでしょう。次の動きを自分で決められないからです。与えられた役柄を忠実に演じようとする人は、不測の事態に対応できません。”

第二の鍵【大胆に大きく】
“あまりにもスケールの大きすぎる夢のほうが実現しやすいと思います。”
グーグル創業者ラリー・ペイジが言う。壮大すぎるクレイジーな夢に向かって本気で行動する人はめったいにいないから、競争が激しくないのだ。同じクレイジーな人が出会えば、競争じゃなく同じ方向に動く。“常に大きなことに挑戦したいと思うのが一流の人間です。そういう一流の人間が集まって、誕生したのがグーグルです。”
ジェフ・ベゾスも言う。“冒険するのをやめますか? それとも、ちょっと向こう見ずなこともやってみますか?”
TwitterCEOディック・コストロは恩師の言葉を胸に刻んでいる。“君たち、もっと大胆な設定を選びなさい。リスクをとって冒険しなさい”。
フェイスブックCEOシェリル・サンドバーグは、偉大なる起業家と共に仕事していくなかでこう教わったと言う。“世界を本気で変えたいと思ったら、その日から大きな夢を持て”。そして“私がまずアドバイスしたいのは、「大きく変えてください」ということです”。

第三の鍵【変化を恐れるな】
最後のキーが「変化を恐れるな」だ。
アリババ・グループ創業者ジャック・マーは「変化を歓迎してください」とアドバイスし、“最も成功しているときに、それまでのやり方を変えること”がベストだと言う。バークシャー・ハサウェイ副会長のチャールズ・マンガーは、“投資方針は、「この10年間で得たスキルは、次の10年間には通用しない」”であり、良い結果が出ていても、そうだと力説する。
Amazon創業者ジェフ・ベゾス“惰性で人生を生きますか? それとも、本当に好きなことをやりますか?”
グーグル創業者ラリー・ペイジ“私たちは世界を変えるために何をしたらいいのでしょうか? 一言でいえば、“楽ではないけれどワクワクすること”に常に挑戦することです”。

『巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ』は、もちろん成功の秘訣をつかむために読んでもかまわないが、それだけではもったいない多彩な魅力的な名スピーチが集まっている。
電子機器の電源は……切らないで、どんどん録画して撮影してメールやTwitterで拡散してくださいと言うトム・ハンクス。
高校時代にぶりっこを演じていたのが映画「ディア・ハンター」のリンダ役に役立ったというエピソードを暴露するメリル・ストリープ。
集学的に考える方法を説くチャールズ・マンガー。
コメディアンになる夢を持っていたことを語るTwitterCEOディック・コストロ。
アーサー・C・クラークの「高度に発達した科学は、魔法と区別がつかない」という名言からはじめるテラスモーターズ創業者イーロン・マスク。
スピーチを文字で読んだら、ぜひ動画を探して観てみることをオススメ。
歓声や笑い声が入って、臨場感、ライブ感が伝わってくる。
文字だけで読むよりダイレクトに響く言葉になる。(米光一成)