南米チリで「安楽死」を訴えていた14歳少女、病気の合併症のため死去

ざっくり言うと

  • チリで安楽死を認めてほしいと訴えていた少女が病気の合併症のため死去した
  • 少女は「嚢胞(のうほう)性線維症」という難病を患っていた
  • 保守的な傾向が強いチリでは、この訴えは認められなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング