日本代表専用トレーニング施設を千葉・幕張へ、18年完成目指す

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は14日、理事会を開催し、日本代表の専用トレーニング施設「JFAナショナルフットボールセンター(仮称)」の設置場所として、千葉県千葉市に立地する県立幕張海浜公園を候補とすることを承認した。

 JFAフットボールセンターとは、各カテゴリー代表の強化の拠点として、また、指導者養成や審判養成、メディカル対応やテクニカルの情報センタ-、研修設備、来日した外国チームの練習場といった機能を有するもの。JFA100周年の記念事業の一環として2018年の完成を目指す。