5月12日のシナモンのツイート「みんななかよく♪」より

写真拡大

サンリオの人気キャラクター「シナモン」の公式Twitterアカウントに対し、一部ユーザーから心ないリプライが飛び交い、数日前から「とても不快」「いじめに近い」という声が多数上がっている。

【シナモンへのいじめリプ止まらず… サンリオ「悲しく思っております」の画像・動画をすべて見る】

悪ふざけがエスカレート ブロック処置が取られる事態に


シナモンは、癒しを与える可愛らしいキャラクターと、何気なく発するかわいらしいツイートが人気。誕生以来、サンリオの中でも特に人気の高いキャラクターとして数多くのファンから愛され続けてきた。

しかし、そんなシナモンに対してTwitter上では3月頃から、シナモンに対する暴言ツイートが多発。

恐らく「イジリ」感覚での悪ふざけが多くを占めるが、その内容はどんどん過激化。5月に入ってから、そんな心ないツイートを目にしたファンから「悪ふざけが過ぎている」と問題視されるようになった。

また、5月11日頃からは、そんなユーザーに対してシナモンのTwitterアカウントがブロック(フォローの強制解除、ツイートの非表示等)という処置を取り、その数は200人を超えるなど、事態の深刻さがうかがえる。

シナモンはアタシが守る


シナモンは1日に多くて2回ほどツイート。大体が1日1ツイートで、シナモン自身のかわいらしいイラストと一緒にメッセージがつぶやかれる。




たとえばこのツイートでは、一見すると特に何の変哲もないシナモンのかわいいらしいイラストとつぶやきなのだが、これに対して一部ユーザーからは心ないリプライが寄せられた。


「でっけえ消しゴムが転がってんじゃねーよ 」
「大人の階段から転げ落ちて死ね」
「首折って死ね」

Twitterより



ご紹介したのはほんの一部で、もはやシナモンがツイートすると、どんなツイートに対してもこのようなリプライを返すという1つの流れができてしまっている。そんな現状を受けてからか、5月11日のツイートでは、少し意味深なツイートが注目を集めた。




シフォンというシナモンの友だちが、シナモンを守る形で登場。ネット上ではシナモンへの暴言が相次ぐ現状に対するメッセージだと話題になったが、それでも心ないツイートは止まらなかった。


「自分で出ろカス」
「半分しか出たくないとか調子乗ってんの?ただのデブなんだから気にするなよ」
「お前「シフォン」じゃなくて「耳ウンコ」に名前変えたらいいよ。もう耳ウンコは喋るな。」

Twitterより



Twitterでは、そんな一部ユーザーとシナモンのファンが言い争っていることもあり、シナモンは翌日に「みんななかよく♪」とツイート。しかし結果は変わらず、シナモンへの暴言とユーザー同士の争いは続いた。

ぼくは元気だから安心してね!


サンリオキャラクター大賞 公式サイトより

サンリオキャラクター大賞 公式サイトより



このシナモンのTwitterアカウントに対する現状について、サンリオは「大変悲しく思っております」とコメント。一方のシナモンにもコメントを求めたところ、悲しみながらも、これからも変わらぬツイートを約束してくれた。

「シナモンだよ。ぼくのツイートを楽しみにしてくれるお友達がイヤな気持ちになっちゃうのが悲しいよ。ぼくは元気だから安心してね! また明日もツイートするから待っててね♪」シナモンからのコメント


現在、サンリオで行われている最も人気のあるキャラクターをファン投票によって決める「第30回サンリオキャラクター大賞」では、シナモン(シナモロール)は初日速報で3位にランクイン。6月15日(月)まで投票を受け付けているので、シナモンを応援したいという人は、ぜひ投票してあげてほしい。

関連記事


サンリオキャラクター大賞「SHOW BY ROCK!!」が初日上位を独占中!