写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで2015年7月18日〜9月27日に開催される「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」で販売予定の東京会場限定ガンプラが発表された。

本企画は、富野由悠季監督によるガンダムシリーズの記念碑的な第一作『機動戦士ガンダム』の魅力を、かつてない壮大なスケールで紹介する本格的な展覧会。昨年に大阪で先行して開催され、東京は2015年7月18日〜9月27日の会期で行われる。シリーズの魅力の神髄に迫るために、1,000点にもおよぶ制作資料を一挙公開。会場内特設シアターでは、ホワイトベースでブライトら同艦クルーと大気圏突入をめぐる戦いを体験できる新作映像が特別上映され、ガンダムの魅力を存分に味わう、質・量ともに圧倒的な規模の展覧会となる。

同イベントのオフィシャルショップで販売される東京会場限定ガンプラだが、今回、公開された機体は4体。7月18日発売予定の『MG ウイングガンダムプロトゼロEW カラークリア』(5,200円/税込)、8月上旬発売予定の『MG ガンダムアストレイレッドフレーム メッキフレーム/カラークリア』(7,500円/税込)、8月中旬発売予定の『MG ダブルオーライザー カラークリア』(7,100円/税込)、9月上旬発売の『MG ユニコーンガンダム グリーンフレーム/カラークリア』(5,400円/税込)となる。

そのほかにも、大阪で発売されたガンダム展限定『MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0 メカニカルクリア』(4,900円/税込)、『MG シャア専用ザク Ver.2.0 メカニカルクリア』(3,800円)、『メガサイズモデル RX-78-2 ガンダムカラークリア』(8,450円/税込)も合わせて販売。なお、オフィシャルショップへの入店には「ガンダム展」のチケットが必要となり、料金は通常前売り券(一般・大学生/7月17日まで発売)が1,800円、当日券(一般・大学生)が2,000円となる。

(C)創通・サンライズ