写真提供:マイナビニュース

写真拡大

安彦良和氏原作で、全4話構成で公開されるアニメーション作品『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のガンプラ新商品が、静岡県・ツインメッセ静岡にて開催中の「第54回 静岡ホビーショー」にて続々と発表された。

会場では、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のMSV企画「Mobile Suit Discovery(MSD)」の始動もアナウンスされ、本作の公式サイトや「GUNDAM.INFO」、「バンダイホビーサイトとも連動して展開していくという。「MSD」のガンプラ化第1弾は「プロトタイプグフ」に決定し、2015年9月発売予定。さらに10月発売予定の『HG モビルワーカー(仮)』、型式番号では同じくプロトタイプグフに該当する『HG YMS-07』などが参考出品されていた。

そのほか現在発売中の『HG シャア専用ザク』、5月15日発売予定の『HG ガンタンク初期型』、6月13日発売予定の『HG 高機動型ザクII(ガイア/マッシュ機)』、9月発売予定の『HG 高機動型ザクII(オルテガ機)』など、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』シリーズのガンプラを続々を展示。特に、3体揃った黒い三連星の「高機動型ザクII」は、大型武装を携えたTHE ORIGIN版のため、迫力のディスプレイとなっていた。

(C)創通・サンライズ