自律走行車がこれまでに起こした事故

写真拡大

自律走行車の実地試験が行われているカリフォルニア州で、48台のうち4台が、過去8カ月間に「軽微な事故」に遭っていることがわかった。3台はグーグル、1台はDelphi社のものだ。グーグルは事故の詳細を説明している。

「自律走行車がこれまでに起こした事故」の写真・リンク付きの記事はこちら

自律走行車の実地走行試験に関係した事故や衝突について、グーグルとカリフォルニア州が詳細を初めて公式に発表した。

カリフォルニア州車両管理局(DMV)が発表した報告書によると、2014年以降に発行された認可を受けて同州の道路を走っている48台の自律走行車のうち4台が、過去8カ月間に事故に遭っているという。そのうちの3台はグーグルが走らせているもので、もう1台はDelphi(デルファイ)社のものだ。

ゼネラルモーターズ(GM)から分社化された自動車部品メーカーであるDelphi社は、所有する2台の自律走行車のうち1台が、マニュアル運転モードのときに、交差点で追突されたもので、自律走行車側に過失はないと述べている

カリフォルニア州で自律走行車のテストを実施している残りの5社では事故は起きていない。

これらの事故の詳細は州法によって機密となっているため、事故が起きた状況を知ることはできない。しかし、AP通信がこれらの事故について初めて報道したあと、グーグルの自律走行車担当責任者クリス・アームソンは「Medium:Backchannel」サイトで、6年間にわたる自律走行車の試験のなかで11件の「軽微な交通事故」が記録されていることを明らかにした

関連記事2040年、運転は完全自動化され、人は幸福になる

アームソン氏は、270万kmを超える全走行で起きたのは「軽い損傷」だけで「ケガはない」と話している。これらはいずれも人間の運転者の過失によるものであり、ほとんどは、別の運転者が後ろから自律走行車にぶつかってきたために巻き込まれた「軽微な事故」だという。

アームソン氏によれば、「後ろから衝突されたのは7回です。主に信号で起きていますが、フリーウェイのときもあります。側面を擦られたことも数回あり、一時停止の標識を無視して走ってきた車に衝突されたこともあります」という。「走行距離あたりの事故数は、フリーウェイよりも市街地の道路で多く見られます。わたしたちは、距離がかなり短い市街地の運転で8回追突されています」

「曲がるときに道路の誤った側に侵入してそのまま走り続ける運転者を多く見かけます。特に夜は、中央分離帯を超えて逆進してくることがあります」とアームソン氏は説明する。「あるいは、まるでわたしたちがそこに存在しないかのように振る舞っているように見える車もあります」

マウンテンヴューの大通りで、夜間に2台の車(紫色の箱アイコン)が、中央分離帯を超えて逆進してきたところだという。

ただし、グーグル自律走行車の事故率は、米国ハイウェイ交通量調査の平均である10万マイル(約16万km)あたりの物損のみの事故0.3件を明らかに下回るものだ。さらに、小さな事故は報告されないので、実際の数字を比較することは難しいとグーグルは述べている。

なお、グーグルはBBCの記事のなかで、「6年前に計画に着手して以来、フリーウェイと市街地の両方で自律走行運転を100万マイル(約160万km)近く行ってきたが、(自律走行車自体は)一度も事故を起こしていない」と述べている。

TAG

AutonomousCarGoogleVideoWIRED UK