昨年から発売が開始され、まだ1年しかたっていないのに9万3938点(4月30日現在)ものスタンプが発売されているLINEクリエイターズスタンプ。自分でも作ってみたい! という初心者に向けたイベントが開催されると聞き、早速、会場へ潜入した。

 4月21日に行われた『初心者向け LINEクリエイターズスタンプセミナー』(アドビ システムズ主催)。これは、手描きでLINEクリエイターズスタンプを作成したい人向けのイベントだ。

 女性セブンオリジナルLINEスタンプ『女性セブン がまぐっちゃん』の第2弾、第3弾を目論む、女性セブンスタンプ班(JSSH)にとっては、興味津々の内容だ。

 LINEスタンプ企画チームの渡辺尚誠さんによると、現在販売されている約9万のスタンプの中で、34.7%の人が手描きでスタンプを作っているそうだが、実は、“がまぐっちゃん”も女性セブン記者Kがすべて手描きしたもの。それをデザイナー・Mがデジタル化して世に送り出したのだ。

「最近は、パソコンやタブレットで絵を描く人も多いようですが、やっぱり絵は紙に描いたほうがしっくりくるんですよね」

 と、記者Kもしみじみ語っているが、手描きでスタンプができれば、パソコンが苦手でも、スタンプ長者へのチャンスが増えるというものだ。

「現在、発売中のLINEクリエイターズスタンプの中で、売れ行きが好調なものには法則があります。ひとつ紹介すると、表情が振り切っているものがウケやすい。たとえば、笑顔でも“にやっ”としているだけのものよりも、お腹を抱えて爆笑しているほうが使いやすくて、受け取る側も“使ってみたい”と思うようです」(渡辺さん)

 なるほど。これは今後のスタンプ作りの参考になる。

 イベントではiPhoneやiPadを使って手描きのイラストをLINEスタンプにする方法も教えてもらったが、こちらは追って、詳しく紹介するので乞うご期待。

 後半は、前出の渡辺さんに加え、『うざいくまです。』スタンプの作者のwakutaさん、『ゆかいなエヅプトくんスタンプ』シリーズの吉永龍樹さんのトークセッションが行われた。いずれもLINEクリエイターズスタンプ界ではカリスマ的存在だ。

 現役大学生のwakutaさんが、「台詞や絵のポーズが、他のスタンプとなるべくかぶらないようにしている」と人気の秘密を語れば、サラリーマンクリエイターの吉永さんは、「日常会話で使いやすいものがスタンプのトップ画面に並ぶようにしている」と明かした。

 初心者が気になるクオリティーについては…。

「それは心配する必要はありません。稼ぐこともモチベーションになるけれど、自分が描いていて楽しい、使いたいと思うものを素直に描いてほしいです」(wakutaさん)

 確かに自分が描いていて楽しくないと40個も生み出せないもの。そろそろJSSHも本格的に第2弾作りに着手せねば…。

※女性セブン2015年5月28日号