本を買うなら「Amazon」より断然「honto」“すげー!”と思うたったひとつの理由

写真拡大

書籍と雑誌は値下げがない

買い物において、「買い時」や「お値打ち」の見極めは重要なテーマです。
気に入った服を買ってみたらセール時に半額になっていたときのショック、アニメや映画のDVDを買ったものの忙しくて見るヒマがないうち3割引きでネットに出ていたときのショックといったらありません。閉店前のスーパーマーケットでは、幸運ならお弁当やお刺身が半額で売られていたりします。

“オタク係数”○%以上はキケン!? FPが教える「お金と趣味」の理想バランス

しかし、書籍と雑誌については特殊なルールがあって、値引きが基本的にありません。再販制の仕組みにより、どこの本屋でいつ購入しても価格は同一だからです。

そうなると、書籍や雑誌を購入するとき、値引きしてもらえるチャンスは「ポイント」ということになります。

クレジットカードで一括払いで購入すればクレジットカードのポイントが貯まります。書店が発行しているポイントカードを提示するとたいていの場合1%のポイントが貯まります。

1%といってもコミックや雑誌、書籍を週2000円くらい買う人なら年間960円相当のポイントが貯まります。コミックが2冊くらい買える計算です。

ところが、「5%相当」「10%相当」あるいは「16%相当」のポイントがつくサイトがあるのです。Amazonで書籍やコミックを注文している人も多いと思いますが、これだけポイントがつくなら、一度試してみたくなりませんか?

ファイナンシャルプランナーとして、タイアップ抜きにしてオススメしたいショッピングサイトは「honto.jp」です。

一見すると普通の書店共通ポイントカードだが

honto.jpは、文教堂、丸善、ジュンク堂のグループが運営しているオンライン書籍購入サイトです。実店舗のほとんどがhontoカードを発行しており(無料)、オンライン登録すると提携書店およびhonto.jpでポイントを貯め、利用できるようになります。

原則は100円(税抜き)あたり1ポイントですから1%のポイント付与率です。1%の還元率なら、紀伊國屋書店のポイントカードも、三省堂書店のポイントカードも同率です。

hontoカードの真価は、オンラインサイトhonto.jpで購入すると分かってきます。

毎週のようにお得なキャンペーン、クーポンが配布される

トップページをみると、お知らせバナーに毎週のように掲示されるのは「〇×カテゴリーの書籍、ポイント10倍」というようなキャンペーンの案内です。執筆時点ではビジネス書がポイントアップ対象ですが、実用書、コミックなど週替わりでいろんなカテゴリーが対象となりますので、自分の買いたい書籍を「欲しい本」に登録しておき、ポイントアップ対象となった際に注文すれば「10%ポイント還元」ということになります。

新刊を買って10%還元なんてAmazonでは絶対にやっていませんし、店頭でもやっていないのでこれは知っている人だけのお得ということです。

また、期間限定で割引きクーポンやポイントアップキャンペーンのダイレクトメール(電子メール)が届くこともあります。筆者が受け取ったことのある過去の例では

「3000円以上買えば500ポイントプレゼント(16%!)」
「5000円以上買えば900ポイントプレゼント(18%!)」
「1000円以上買えば10%オフクーポン」
「3000円以上買えばポイント10倍クーポン」

などがありますが、どれもすごい還元率です。

今年の春には「100人に1人購入金額全額ポイントバック」といったキャンペーンをやっていたり、「同月にネットと実店舗の両方で書籍購入すると200ポイントプレゼント」というようなキャンペーンもあって、ネット購入だけでなく、本屋にも足を運んでみようという気にさせるのがおもしろいところです(ちなみにネットと実店舗に加えて電子書籍も買うと500ポイントもらえたりする)。

筆者は仕事上の書籍も買うしコミックも買いまくるタイプなので、キャンペーンのたびに条件を満たすように買い物しています。気がつけばなんと「累計94197ポイント」も獲得していました(執筆時点)。…まあ、その10倍は書籍代を投じている、ともいえますが、ここでしか絶対に得られないポイント数だと思います。

このキャンペーンがいつまで続くか、還元率が今後どうなるかは分かりません。数年前より最近のほうがポイント率は下がっているような気がします。本を買う人は急いでhonto.jpのアカウントを作ったほうがいいでしょう!

ただし利用にあたっての注意点もひとつ

もちろんhonto.jpがAmazon.co.jpに勝てない部分もあります。それは在庫の豊富さです。比較をすると、Amazonのほうが在庫を多く持っており在庫切れから回復するのも早い傾向があるようです。こればかりは日本最大の書店の強さというべきでしょう。Amazonプライムのスピード配達のように、午前中に注文したら夕方に届くようなこともありません。

honto.jpについては「24時間出荷」と表示された書籍をカートに入れてすぐ購入すればほぼ確実に在庫は確保されます。また、配送方法について「個別発送(配送可能なものから発送)」にチェックを入れることで、注文した書籍が全部そろわない場合は在庫のある書籍から郵送手配がされますので安心です。

Amazonにはない魅力があるhonto.jp。国内の書店が運営しているサイトということもあり、ちょっと応援もしたくなります。一度アカウントを作って利用してみてはいかがでしょうか。