「ミロのヴィーナス」の正体は売春婦であると米作家が指摘

ざっくり言うと

  • ルーブル美術館にある「ミロのヴィーナス」が売春婦だと指摘されたという
  • 米の女性作家が「彫像の主役は紡織中の売春婦である」との仮説を打ち出した
  • 作家は3D技術を駆使し、彫像の両手を作り直して検証したとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング