WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志が5月末に左ひじを手術

ざっくり言うと

  • 内山高志が左ひじにできた骨片の除去手術を受けることが13日に判明した
  • 5月末に内視鏡による手術を受ける予定で、長期離脱の心配はないという
  • 「腕を曲げる時も痛みがあり、ガードを上げるのも大変だった」と内山

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング