飛び級選出の岩波拓也が感じたA代表候補とU−22代表の差とは

写真拡大

 日本代表候補の合宿2日目が、13日に千葉県内で行われた。

 初選出となったヴィッセル神戸の岩波拓也は2日間の日程を終え、「トップ選手たちと一緒にプレーできたので刺激もあった」と語る。そして、手応えについても言及。「普段通りやれば、ある程度自分の力を出せると感じた」と口にする。

 現在20歳で、来年行われるリオデジャネイロ・オリンピック出場を目指すU−22代表として、鹿島アントラーズの植田直通とサンフレッチェ広島の浅野拓磨とともに、飛び級で選出。「自分たちの世代から3人入りましたが、もっと食い込んでいかないといけないと感じた。もっと努力して、また呼ばれるようにしたい」と、更なる意欲を見せた。

「自分たちの世代が何人入っても、ある程度のレベルはやれると思う」と語った一方で、U−22代表と日本代表候補の間にある差も感じた様子。「ボランチやセンターバックの技術は本当に高い。普段ならクリアしているところもGKから繋ぐことができる。前線も一発のチャンスで1点取るぐらい決定力のある選手が沢山いた」と語った。