ガディ・アミットが考える「これからのウェアラブル」

写真拡大

モジュラー仕様のスマートフォン「Project Ara」などのデザインを率いるデザイナー、ガディ・アミットが考える、腕時計型ではないウェアラブルのかたちとは。「WIRED Health 2015」で語った、皮膚に埋め込む「Project Underskin」とベビーモニター「Sproutling」を紹介。

「ガディ・アミットが考える「これからのウェアラブル」」の写真・リンク付きの記事はこちら
6/6:ガディ・アミット、日本のカンファレンスにも登壇! これからのデザインを体験するイヴェント「WXD」

6月6日(土)に、東京・青山のスパイラルホールで開催されるカンファレンスで、テック起業との共同から数多くの「未来プロダクト」を生み出してきたガディ・アミットが、そのデザイン論を披瀝する。イヴェントの詳細、およびチケットの申し込みはこちらから。

ウェアラブルな電子機器を皮膚の下に埋め込むことができるとしたら、それはどのように機能し、ユーザーはどのように使いたいと思うだろう。NewDealDesignを率いる有名デザイナー、ガディ・アミットによるコンセプト「Project Underskin」は、こうした疑問を掘り下げたものだ。

このプロジェクトでは、タトゥーを進化させ、手のひらや親指の付け根の皮膚の下に埋め込む「スマート・デジタル・タトゥー」を提案している(日本語版記事)。体内のエネルギーから電気を得る多機能タトゥーが、手に触れたものと情報をやり取りするのだ。

UIとして用いられる5角形のパターンが、血糖値などの健康状態を表示するほか、金銭の支払いやデータ交換、玄関の解錠を行うことを可能にする。また、他人との感情のやり取りまでをも支援する(好きな人と触れ合ったときには「親密な光」を放つという)。

「このテクノロジーはそれほど現実離れしたものではありません。5年前後で実現できると考えています」と、アミットは4月24日にロンドンで開催された「WIRED Health 2015」で語った。

アミットは、フィットネス用の活動量計「Fitbit」やGoogleのモジュラーフォン「Project Ara(日本語版記事)」などを手がけた、これまでに100を超えるデザイン賞を受賞したデザイナーだ。

今日存在するスマートウォッチの大部分は、「扱いが面倒で、時間を浪費し、ムダに人目を引くばかりの代物」だと彼は指摘する。そして、ただスマホをミニチュア化して手首に取り付けたようなものではなく、「デジタル・ペルソナ」の新しい形態となるウェアラブルの創造を望んでいる。

それは、ユーザーの生活にコンテキスト化(ユーザーが求める情報やサーヴィスを的確に判断し、予想すること)をもたらし、控えめだがわかりやすい「合図」をユーザーに与えるものになるという。

WIRED Health 2015でアミットは、より人間的で便利なウェアラブル・テクノロジーの解釈を示すものとして、もうひとつの製品を紹介した。

ベビーモニターの「Sproutling」は、赤ちゃんの体温や動きといった主要なパラメーターをモニターし、その情報をスマートフォンだけでなく、何かがあればひと目でわかるようにランプを備えた皿型の充電ドックにも伝えてくれるデヴァイスだ。システム全体が「現代文化に根差した」感覚でデザインされており、出来上がった製品は「遊び心にあふれ、マンガのようで、テクノロジーと赤ちゃんたちとのストーリーにぴったりなもの」になった、と彼は言う。

アミットによれば、「Apple Watch」の登場は、ウェアラブル革命の終点を意味するものではないのだ。「むしろわたしたちは、興味深いストーリーのスタート地点にいるのです」

(関連記事)未来のウェアラブルは「爪」に宿る──指先のトラックパッド

6/6:ガディ・アミット、日本のカンファレンスにも登壇! これからのデザインを体験するイヴェント「WXD」

6月6日(土)に、東京・青山のスパイラルホールで開催されるカンファレンスで、テック起業との共同から数多くの「未来プロダクト」を生み出してきたガディ・アミットが、そのデザイン論を披瀝する。イヴェントの詳細、およびチケットの申し込みはこちらから。

TAG

DesignGadiAmitVideoWearableWIRED UK