今野、新発見より再認識…監督からのメッセージは「もっと上を目指せ」

写真拡大

 13日、日本代表候補メンバーの国内合宿2日目が実施された。

 今回は2日間という異例の短期合宿だったが、参加したガンバ大阪所属のMF今野泰幸は有意義な時間であったと振り返る。

 今野は「あまり詳しいことは言えないけれど」と前置きしつつ、「やっぱり世界のスタンダードに近づくためには何をしないといけないのか。今までのJリーグの感覚でやるのではなく、もっともっと上を目指せってことは常々言われています」と、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からのメッセージを一部明かした。

 具体的には「もっともっとスピードを上げるとか、もっともっとプレッシングにどんどん行くとか、プレスピードを上げるとか」と、様々なプレーを要求された模様。ハリルホジッチ監督による意識改革が促されたようで、今野は「2日間の練習だけど、疲労感はやっぱ強い。普段どれだけやっていないか、やっているつもりだけども、一つ一つの練習への意識の低さがあったのかなと思います」と語っている。