練習でゴール連発も、納得がいかない大久保「全然入ってなかった」

写真拡大

 日本代表候補メンバーの国内合宿が13日に、千葉県内で行なわれた。練習後、川崎フロンターレのFW大久保嘉人が記者団の取材に応じている。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制下で2日目の練習に臨んだ大久保。この日の練習を終え、同監督からはタテへの速さを中心とした指示が出されたようだが、「そうですね。練習でやってることとかは、そういう感じですね。(ボールを)取ったら速くというのをみんなでやろうという感じでした」と、ハリルホジッチ監督が目指すサッカーに対する印象を語った。

 初めて顔を合わせる選手も多かったが「ほとんどしゃべりましたね」と語り、他の選手から話しかけられることも多かったという。また、ガンバ大阪のFW宇佐美貴史については「前喋ったこともあったし、初めてだったわけじゃないので…いい感じだと思います」と語り、上手く関係を築けているという。

 シュート練習では一番多く得点を決めていたようだが、本人は「マジですか? 俺、全然入ってなかった」と、自身ではあまり手応えを感じられなかったようだ。

 また、話題になっている各選手の体脂肪率については、「みんな測りましたよ。でも言ったらダメでしょ」とコメント。数値の正確さについては色々な意見があるようだが「(測り方は)いろいろありますよ。スタッフに聞いてください」と詳しくは明かさなかった。

 数値が高くて、ハリルホジッチ監督から怒られるようなことはなかったかと問われると「全然大丈夫です。全然」と、問題は無かったと明言している。