景気ウォッチャー調査で内閣府は景気の判断を据え置き

ざっくり言うと

  • 景気に敏感な小売りやサービス業の従業員などに聞く景気ウォッチャー調査
  • 4月の調査について内閣府は、「緩やかな回復基調が続いている」とした
  • 収益が悪化しているとの意見が出たことで、3月の景気の判断を据え置いた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング