田臥勇太(撮影:米光秀之)

写真拡大

◇27日◇ABA◇カリフォルニア州ロングビーチ・ピラミッド◇観客1,874人

 6連勝中と勢いに乗るロングビーチ・ジャムは格下のLAスターズを相手に一度もリードを許すことなく、シーズン最終戦を白星で飾った。

 あと1勝で球団タイ記録の7連勝に並ぶジャムはシーズン最終戦、今シーズン2勝1敗と勝ち越しているLAスターズをホームに迎えた。試合開始早々18対2とスターズを突き放し、10点差で第1クォーターを終える。スターズの7リバウンドに対しジャムは24リバウンドとインサイドでの強さをみせつけた。第2クォーターに入っても連勝中のジャムの勢いは止まらず一方的に試合を支配。18点差でハーフタイムを迎える。後半に入っても流れは変わらず、結局一度もリードを許すことなく117対102でスターズに圧勝。シーズン最終戦を白星で飾り、プレーオフへと弾みをつけた。

 田臥は先発で出場し、序盤から積極的にシュートを狙う。途中相手選手との接触で鼻血が出るというアクシデントに見舞われながらも、最後までバスケットに向かい続けた。チーム最多タイとなるシュート15本を放ち、14得点。チームの勝利に貢献した。

 6日にはプレーオフ初戦をホームで迎える。勝てば翌週の11日もしくは13日の第2ラウンドに駒を進めることになる。


        1Q 2Q 3Q 4Q Total
-----------------------------------------
Jam      25 31 36 25 117
LA Stars   15 23 32 32 102