初招集の杉本、指揮官から高評価も「川崎で試合に出ないと話にならない」

写真拡大

 日本代表候補メンバーの国内合宿が12日に、千葉県内でスタートした。練習後、川崎フロンターレ所属のFW杉本健勇が記者団の取材に応じている。

 今回の国内合宿で初招集を受けた杉本。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が目指すタテに速いサッカーの印象については「今日も監督はそういう話をちょろっとしてましたし、Jリーグが特に(ボールを)奪った後に前に行くのが少ないっていうのがね。あとは3人目の動きだったりが非常に少ないというのを言ってたので、そういうところをしっかり頭に入れながら、やれたらいいかなと思います」と述べ、自分なりに同監督の目指すサッカーを理解してプレーしていくことを明かした。

 杉本は今季のリーグ戦では6試合に出場しながら、先発起用は1度だけと満足に出場機会を得られていない。ハリルホジッチ監督から勇気づけるような言葉をかけられたか問われると「勇気づけてほしいですね(笑)」とコメント。

 それでも選出されるということはポテンシャルを高く評価されているとも捉えられるが、杉本は「すごく評価してくれてるのはうれしいです。でも僕はまだまだ全然。何回も言ってるんですけど、正直、所属チームで(試合に)出ないと話にならないと思うので。まあでもこうやって選んでもらったからには、ホントに生き残って、最後まで生き残れるように全力でやりたいと思います」と、まずは所属する川崎で出場機会を増やしながら、アピールを続けることを誓った。