緊張をゴールで吹き飛ばした初招集のFW浅野「がむしゃらにやる」

写真拡大

 日本代表候補メンバーの国内合宿が12日に、千葉県内でスタートした。練習後、サンフレッチェ広島に所属するFW浅野拓磨が記者団の取材に応じている。

 今回の合宿で代表に初招集を受けた浅野は、「緊張があったり、責任感だったり、いろんなものが一気に味わったことのないようなことだった」と当初の心境を明かすが、「ホテル入ってトレーニングまでの時間だったり、初めの食事だったりをしていくうちに少しずつ雰囲気も慣れてきてます」とコメントしている。

 また、練習では『11対11+フリーマン』のゲームでゴールを決めた同選手は、「最初にそういうプレーができたのは大きかったかなと思いますし、その後のプレーに少し余裕が持てたりはあるので、今日だけに限らず、普通のトレーニングでもゲームでも初めのプレーは大事にしたいと思います」と吹っ切れた様子。

 そのため、翌日の練習に向けて「ピッチに入ったら入ったでやるべきことはハッキリしてるので、自分のプレーを出すだけだと思うし、ミスしても関係ないと思ってがむしゃらにやろうと思ってたので、それを明日も続けて行ければいいと思います」と意気込みを語った。