ワイスピDVD全6作がTOP20入り、シリーズ第7弾の映画公開で軒並み上昇。

写真拡大

4月8日発売のサウンドトラック「ワイルド・スピード スカイミッション オリジナル・サウンドトラック」が、5月18日付けのオリコン週間アルバムランキング(集計期間:5月4日〜10日)で最高位となる2位を獲得するなど、人気の「ワイルド・スピード」シリーズ。映像作品も好セールスを記録し、同日付オリコン週間総合DVDランキングではシリーズ6作全作がTOP20内に上昇した。

人気カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズの第7作が4月17日に公開されると徐々に売上げを伸ばしていた同シリーズ作だが、今週付けでは「〜EURO MISSION」(2014年6月発売)が2週連続で7位を獲得。

そのほか「〜MEGA MAX」(2012年8月発売)は10位→8位、「〜MAX」(2012年4月発売)は13位→10位、「ワイルド・スピード」(2012年4月発売)は17位→11位、「〜×2」(2012年4月発売)は18位→12位、「〜×3 TOKYO DRIFT」(2012年4月発売)は21位→14位にランクイン。根強い人気をうかがわせた。