「シンデレラ」の勢い止まらず、公開3週目で興行収入30億円を突破。

写真拡大

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが4月25日より公開した映画「シンデレラ」が絶好調だ。公開3週目の週末2日間(5月9日、10日)の興行収入が約3億3056万円を記録し、堂々の3週連続1位を記録。また、5月10日までの累計動員数は約267万人、興行収入は約33億8122万円を突破と、公開3週目に突入してもなお勢い止まらず、日本中に“シンデレラ旋風”を巻き起こしている。

昨年30億を突破した洋画作品は、「アナと雪の女王」(254.8億円)、「マレフィセント」(65.4億円)、「GODZILLA ゴジラ」(32億円)、「アメイジング・スパイダーマン2」(31.4億円)の4作品のみ。公開3週目の「シンデレラ」の勢いがどこまで続くのか、今後もまだまだその動向に注目が集まる。

本作は、シンデレラが小さな勇気から大きな幸せをつかんでいく感動の物語を、シンデレラの煌びやかな世界観をそのままに、絢爛豪華なセットと衣装で見事に実写映像化。ディズニースタジオの総力を結集したラブストーリーだ。

本作が大ヒットを続けている大きな理由の一つは、数多くの高評価の口コミ。特に注目すべきは男性の観客からの高評価が多数寄せられている点だ。「予備知識なく妻と観たが、2〜3回うるっときた」「彼女に連れられて観に行ったが文句無しの名作。王子がものすごく紳士的で、世の男性は適わないですね」と、女性のための映画という先入観を見事に覆していることもヒットに結びついている要因と見られている。

また、3週目にして早くもリピーターが続出しており、その感動をもう一度味わいたいと既に鑑賞した観客の満足度も非常に高いようだ。