ライブや海上パレード、世界のグルメやスウィーツNo.1決定戦も!第34回横浜開港祭

写真拡大

横浜港が開港したのは、幕末の1859年。翌年に1周年を記念して、山車や手踊りで街をあげて開港を祝ったのが、開港記念日の由来とか。そして今、初夏の風物詩となった開港記念日のお祭りは、横浜市民にとって「夏が始まる」合図のようなものに。

2015年5月30日(土)、31日(日)および6月2日(火)に開催される「第34回横浜開港祭2015」は、横浜のみなとみらい21エリアで海と陸を舞台に盛り上がる市民祭。さまざまなプログラムが、「マリンイベント」「ランドイベント」「ステージイベント」と3つのエリアで開催される。

「マリンイベント」は、開港記念日の6月2日(火)に、横浜港で活躍する海上保安庁など官公庁の船(約15艇)が海の上をパレードしたり、夜には「光と音と花火のショー!ビームスペクタクル in ハーバー」が夜空を彩ったりと、海上ならではのスケール感が楽しめるイベントを実施。

陸の上では「ランドイベント」として、港町・横浜らしく世界各地のキッチンカーが揃う「ワールドグルメカーニバル」を開催。フードバトル「全国港グルメ連合軍VS横浜港グルメ 5 VS 5 対抗戦!!」も行われるそうで、ここにはスペシャルゲストも応援に駆け付けるとか。

さらに、官公庁音楽隊や中学生ジャズバンドなどによる演奏、ダンスコンテスト、横浜にゆかりのあるご当地アイドルやアーティストによるライブなど、多彩なパフォーマンスが次々に登場する。

甘いもの好きの女子には、5月30日(日)に開催される「Yokohama スウィーツパラダイス」がオススメだとか。こちらは来場者が試食して横浜スウィーツのNo.1を決めるイベント。「今年は、パティシエをめざす女性を描いたNHK朝ドラの『まれ』にちなんで、輪島の塩やジャムなどを使ったスイーツも登場の予定です」と、実行委員会の岩井さん。

横浜市民でなくても、大丈夫。友人や仲間を誘って、見たり聞いたり食べたり、港のバースデーパーティーに参加しよう。