PAS VIENTA5

写真拡大 (全2枚)

 発動機は、小型・軽量の次世代ドライブユニットを搭載し、車両重量を軽量化したスポーティタイプの電動アシスト自転車『PAS VIENTA5(パス ヴィエンタファイブ)』を6月22日に、『PAS Brace XL(パス ブレイス エックスエル)』を7月10日に発売する。

 PAS VIENTA5は、男女を問わず手軽に爽快な走行が楽しめるスポーティカジュアルモデル。スポーティでありながらトップチューブが低く乗り降りしやすいフレームに、内装5段変速や、サークル錠を採用するなど、スポーティさと実用性を両立。2015年モデルは、カラーラインナップの見直しにより、ユニセックスでスタイリッシュなカラーを採用している。

 PAS Brace XLは、軽量でスポーティなアルミ製ダイヤモンドフレームにフロントサスペンション、12.8Ahリチウムイオンバッテリーと内装8段変速機を搭載した、本格派スポーティモデル。2015年モデルは、シャープでスピード感のあるカラーを採用し、スポーティなイメージを向上させている。

 2機種ともに、バッテリー残量と選択している走行モードから算出した残りアシスト走行可能距離や、消費カロリー、走行スピード、アシストパワーなどを表示できる「液晶マルチファンクションメーター」、ギアポジションに合わせてきめ細やかな制御を実現する機構「S.P.E.C.」やトリプルセンサーシステムなど、従来からの特長はそのまま継承している。

 メーカー希望小売価格は、PAS VIENTA5は129,600円(税込)、PAS Brace XLが163,080円(税込)。