ハリルホジッチ監督が右ウイングでの起用を考えていると知った時はビックリしたというが、「自分の特長を100パーセント出せれば、ウイングでも十分に通用すると思う」と自信を見せる 。写真:徳原隆元

写真拡大 (全2枚)

 代表候補合宿への招集の知らせを受けた時、浅野拓磨は緊張と驚きで心臓の高鳴りが止まらなかった。A代表は浅野にとって「年代別とはまったく違う、特別なもの」。起こった出来事を言葉にしていないと、その事実がなくなってしまうようで、即座に家族へ電話して報告したという。
 
 そんな20歳の若武者が迎えた、自身初となるA代表候補合宿。今回のメンバーで最年少ゆえに、周りが自分よりも技術・実績で勝っているのは理解して臨んだつもりだったが、その想像を超えるプレーを見せる先輩たちに驚き、「最初はフワフワした感覚」に。それでも、徐々に自分の持ち味を出していく。
 
 広島では1トップやシャドーを主戦場としている。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がウイング起用を考えていると知って少々面を食らいながらも、GKを除く実戦形式の11対11では、ビブスなし組の右ウイングに入り、50メートル5秒9を誇るスピードを活かして懸命にボールを追い掛けた。
 
「サイドはプロに入ってから何度かやりましたし、ドリブルや裏への抜け出しといった自分の特長を出せればウイングでも十分に通用すると思います。もちろんディフェンス面の課題はありますけど、まずは縦に速い攻撃であったり、チーム全体の目指すものを共有していきたい」
 
 リーグ戦初ゴールを決めた6節のFC東京戦以降、浅野の口癖になっている言葉がある。
 
「ガムシャラ」
 
 スピードでは絶対に負けない自信がある。なにも考えずに、自分の力を100パーセント出すことだけに専念すればいい。今の浅野のビジョンは実に明確かつシンプルだ。
 
「なにが一番重要かと言えば、自分が持っているものを出せるか、出せないか。まさに『自分との勝負』です。スピードと言っても、緩急や相手との駆け引きがあるので、動くと同時に頭も一緒に使えれば、より速く見えるし、相手からも怖く見えると思います。
 
今回の合宿は2日間しかないですけど、少しでも多くのことを吸収してチームに帰りたい。広島に戻った時にチームメイトになにか変わったと感じてもらえれば、この合宿が実りあるものになったということ」
 
 もっともっとレベルアップしたい――。そう願い、上を目指し続ける浅野が、どこまで大きな存在となるのか。どこまでA代表の競争に食い込めるのか。またひとつ楽しみが増えた。
 
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)