武藤が負傷で練習を途中離脱…代表候補合宿でアクシデント

写真拡大

 日本代表候補は12日、千葉県内で2日間の短期合宿をスタートさせた。国内組28選手が集合し、同日午後に約2時間のトレーニングを行ったが、FW武藤嘉紀(F東京)が負傷で練習を途中離脱するアクシデントが起きた。

 6対6にフリーマンを付けたパス回しの練習中だった。素早い攻守の切り替えから勢いよく走り出した武藤がDF水本裕貴(広島)と激しく衝突。お互いの膝同士がぶつかったようで、武藤はそのままプレーを止め、足を引きずるようにしながらピッチをあとにした。

 武藤は練習後も取材対応なしでバスに乗り込んだが、日本サッカー協会関係者は「右膝の上に相手の膝が入ったとのことで、筋肉の打撲」と説明。当面はアイシングしながら経過を見守ることになった。

 現時点では病院で検査を受けたり、代表チームを離脱する予定はないようで、「まずは代表のメディカルチームが対応する。今夜の様子を見てから」と、今後の状態次第で明日の練習参加の可否などを判断する。

(取材・文 西山紘平)