「裁量労働制」で働いていた男性が過労死と認定される 極めて異例

ざっくり言うと

  • 裁量労働制で働いていた男性が過労死として労災認定されたことが分かった
  • 弁護士によると、裁量労働制で働く人が過労死認定されるのは極めて異例
  • 男性は市場情報を提供する会社に勤務し、13年に心室細動で亡くなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング