藤森慎吾がチャラ男時代に「一番落としやすかった女」の特徴を暴露

写真拡大

11日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で、オリエンタルラジオ・藤森慎吾が一番落としやすかった女性の職業を明かした。

オリエンタルラジオは現在、後輩芸人8.6秒バズーカーのリズムネタ「ラッスンゴレライ」の完コピが話題を呼び、3度目のブレイクを果たしている。番組の冒頭で早速、くりいむしちゅー・上田晋也が「ブレイクの仕方がずるいぞ!」「後輩のネタで売れるってどういうこと!?」とふたりにツッコんでいた。

藤森は、同番組に感謝しているという。前回2011年の出演時、彼は暴露コーナー「ギリギリ007」に無理やり挑戦させられた。ここでの言動が反響を呼び、のちの「チャラ男ブレイク」のきっかけとなったのだ。

藤森はチャラ男として再ブレイクを果たした際「毎晩のようにナンパしていた」と明かした。渋谷に窓を全開にした大型のアメ車で乗りつけ、「君かわうぃーねー!」と声をかけると黄色い歓声があがり、「(私にも)言って!」との声を浴びたそう。当時藤森は「俺、渋谷で無敵なんじゃない?」と思ったという。

ここでくりいむしちゅー・有田哲平が藤森に、その当時"強めのスキンシップ"を図った相手の女の子の職業を聞いた。藤森はこの質問に苦笑いしたが、中田に「言うなら明るく言った方がいい」とアドバイスに受けて意を決し、ホップ・ステップ・ジャンプで「歯科衛生士!バレリーナ!」と暴露した。

藤森は「女の子に職業を聞くと、千葉で歯科衛生士というのが一番多かった」と振り返り、「普段は堅い仕事をしているわけで、週末は東京、渋谷に遊びに行きたいんですよね」と女の子たちの心情を分析した。

ただ、そんな遊び人時代のエピソードもかつてのもので、藤森は今ではエコカーを愛用し、夜10時には寝るなど、生活スタイルをガラリと変えたそうだ。フリーアナウンサーの田中みな実との交際を公表しているが、「それだけ真剣なんですよ。これから六本木に行ってくるとは言えない」と彼女への一途な思いをのぞかせた。

【関連記事】
オリエンタルラジオの「ラッスンゴレライ」完コピ秘話を山里亮太が明かす
オリエンタルラジオの藤森慎吾 が「チャラ男」からかけ離れた私生活を告白
高田純次の自分ルールにスタジオ感嘆「後輩に価値観を押し付けない」