「スリムボトル」で登場

写真拡大

「コカ・コーラ」を象徴する容器「コンツアーボトル」が発売されてから、2015年で100年を迎える。それを記念して15年7月20日、コンツアーボトルの特徴的な輪郭を引き継ぎ、アルミニウム素材を使って進化させた「コカ・コーラ」スリムボトルが発売される。

「コカ・コーラ」は5月8日が誕生日

コカ・コーラは、5月8日が「誕生日」。アメリカの薬剤師ジョン・ペンバートン博士が1886年、独特の甘い香りがするシロップを作成。会計士のフランク・ロビンソン氏が「コカ・コーラ」と命名した。それから、もうすぐ130年になる。

コカ・コーラの容器は、直線状の「ハチンソンボトル」、ダイヤモンド型のステッカーを張った「ストレートサイドボトル」を経て、1915年に「暗闇で触っても地面で砕け散っていても『コカ・コーラ』のボトルだとわかるもの」をコンセプトにした「コンツアーボトル」となった。

今回発売される「スリムボトル」は、アメリカ本国では「アルミ製コンツアーボトル」として2005年から登場している。アルミならではのキンキンに冷たい感触が、コカ・コーラの美味しさや爽やかさを一層引きたてる一方、形状もまた「格別の飲み心地」を届ける。

ボトル製品では初めての250ミリリットル入り。休息や移動中に飲みきれるのが特徴。いままでの300ミリリットルのペットボトルでは「多いかなぁ」と感じていた人にもおススメだ。価格は125円(税別)。250ミリリットル入りスリムボトルは「コカ・コーラ ゼロ」(同125円)でも登場する。