金持ちほど高い罰金を払う国、フィンランド

写真拡大

フィンランドの億万長者が、自動車の「スピード違反」で700万円を超える罰金を支払った。罰金の金額が収入により決まるためだ。Facebookに愚痴を投稿したが、フィンランド人で同情する人はあまりいなかった。

「金持ちほど高い罰金を払う国、フィンランド」の写真・リンク付きの記事はこちら

フィンランドでは、自動車の罰金は収入に比例する。速度制限オーヴァーの代償が54,024ユーロにも上る可能性がある、ということだ[約720万円(2015年5月12日の為替レート、以下同)]。これは、2013年に制限速度時速80kmの道路を時速103kmで走行した、億万長者レイマ・クイスラに課せられた罰金だ。

このことを明かしたのはクイスラ氏自身で、Facebookに違反金の写真を投稿した

「フィンランドでは、金持ちは生きていけない」。[この事実を伝えた]日刊紙『Iltalehti』に寄せられた読者コメントのいくつかが証言しているように、彼の同胞たちからの共感は、ほとんどなかった。「[クイスラ氏は]泣き言を言うのをやめて、恥ずかしさで頭を抱えるべきだろう」

彼の話と似ているのが、ユッシ・サロンカの話だ。27歳にして700万ユーロを稼ぐサロンカ氏は2004年、制限速度時速40kmの道路を時速80kmで走って17万ユーロ[約2,270万円]の罰金を課せられた。

しかし、フィンランド人にとっては「これでいい」のだ。2009年の調査によると、調査対象の60%が現在の規則に賛成で、20%が罰金が多すぎると考え、これに対して20%が少なすぎると答えている。

果たして罰金は収入に比例すべきなのだろうか。フィンランドは1921年からこうした制度下にあり、この罰金システムは大学の公共経済学のあらゆるコースで引き合いに出されるが、議論を呼ばない規則にたどり着くのは困難だ。矛盾は角の向こうに存在する。どちらに曲がるかを選ぶだけの問題にすぎない。

TAG

LawMoneyWIRED IT