女子高生は、45歳のファミレス店長に恋をした。『恋は雨上がりのように』は、しとしとと降る雨の中のように、前の見えない超歳の差恋愛を描いた作品。少女から見た恋愛の暴走と、自信を失い年老いていく中年男性の思考が絡まり、答えは見つからない。

写真拡大

女子高生が恋をした。
相手はバイト先のファミレスの中年店長。
マンガ『恋は雨上がりのように』は、少女の片思いの物語です。

ヒロインの橘あきらは、男女からモテモテの美人の女子高生。
基本無口で感情を表に出さない。
ただし言うことははっきり言う。激情家で怒鳴ることもある。
かつて陸上をやっていたものの、脚を怪我して、今は走れない。
その時間ファミレスでバイトをしている。
店長が、好き。

一方、店長の近藤正己。45歳。店長歴6年。昇進なし。
あまり気が強くなく、お客さんにはへこへこ頭を下げてばかり。
働いている子たちにも、ビシッと注意ができない。ストレスから頭に十円ハゲがある。
店長として衣装は整えている。だけどチャックがあいている、などどこか抜けている。
くしゃみが大きく、ちょっと加齢臭がするらしい。
たまに、さりげなく気を使ってくれる。

このマンガはあきらと店長、二人の視点が交互に入れ替ります。

あきら視点だと、店長は「かっこいい」。
へこへこしているのは「優しさ」、机に座っているとき見える十円ハゲは、努力の証。
不器用なしゃべり方は、色々考えてくれているから。
ちょっとしたことに気づいて話しかけてくれるのは、仕事だとしてもうれしい。
おっさんだから「ライバルがいない」のも美味しい。
大好き。付き合いたい。
少しでも前に進みたい。

一方店長の視点。
いまいちうだつがあがらず、バツイチな中年男性。昇進出来る見込みなし。
フロアの他の子に「クサイ」と言われて心が折れそうになることもある。
働いているあきらからは、ゴミを見るような目で見られる(実際は夢中になっている熱視線です)。
まわりにいる若い子は、みんな夢と希望にあふれている。
あきらの明るさと若さを見ていると、胸が苦しい。
でも自分には、何もない。
「僕はカラッポの中年だ」

なんせ相手は17歳。自分の子供のようなもんです。告白されても困ってしまう。
「返事をすることはできないよ、俺、45だよ!? 周りがどう思うか……」
「周りの人がどう思うかなんて関係ないですっ!」
「親子ほども違う……」
「でも親子じゃない!」
若いあきらの気持ちは、ちゃんと伝わっているよ。
周りを気にするのも、あきらのことを心配するのも、おっさんなら当たり前なんだよ。

若いあきらといると、自分が若くないことにいたたまれなくなってしまう。
ついつい自虐してしまう。何も出来ないおじさんだから、と思考がマイナスになってしまう。
でもあきらは恐れることなく、店長に向かって思いをぶつけてくる。

これは、おっさんが逃げずに、少女ときちんと向かい合うための物語。
若くないことや、夢を諦めたことに傷つくのは仕方ない。
胸が締め付けられる感覚を克服していく、中年の解放の物語だ。

2巻ラストで、あきらがたまたま店長がいないとき、家にあがるシーンがあります。
あきらが見たのは、店長の部屋の文学全集と、書き散らかした原稿用紙。

「僕はカラッポの中年だ」
そんなことないじゃん!
45歳。青春真っ盛り。いいんだよそれで!

余談ですが、店長の部屋の本棚に川端康成があったのは、ちょっとニヤリとしました。

眉月じゅん
『恋は雨上がりのように』1
『恋は雨上がりのように』2

(たまごまご)