神戸地裁で判決の一部を言い忘れるミス 弁護側が被告の負担を憂慮

ざっくり言うと

  • 神戸地裁の裁判官が判決の一部を言い忘れるミスがあったことが分かった
  • ミスに気付いた検察側が、正確な判決の言い渡しを求めて控訴したとのこと
  • 「裁判が長引き、更生を望む被告への負担は大きい」と被告の代理人弁護士

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング