国内最大級!出店作家約2500人の「ヨコハマハンドメイドマルシェ 2015」

写真拡大 (全3枚)

作った人の愛情が感じられる手作りの雑貨は、世界でひとつしかないものも。そんなハンドメイド作品が集まる大規模なイベントが横浜で開かれるとか。フードの出店もあるから、作品と一緒にグルメも楽しめそう。

2015年5月23日(土)と24日(日)に、パシフィコ横浜で開催される「ヨコハマハンドメイドマルシェ」は、国内最大級のクリエイター出店型イベント。全国のハンドメイドクリエイターが集まって展示・販売・ワークショップなどを行うもので、第3回となる今年は約2500人の出店作家が予定されているとか。

作品は雑貨やアクセサリー、インテリア、ファッション、イラスト、アートなど多彩。また、藍染めやステンドグラスなど、気軽にハンドメイドを体験できるようなワークショップも、30種類が開催予定なので、会場を訪れた際に参加してみては?
全体ではアクセサリー系が3割ほどで一番多いそうだけど、毎年人気なのはクッキー、ポップコーン、ケーキ、和菓子、パン、ジャムなどの手づくりフード。でも、厳選された36店のみの出店なので、愛情のこもったフードを手に入れたいなら、お早めに。


「第1回開催の2013年から、年ごとにジャンルが増えていますね。また、ハンドメイドの世界の流行なども見えてきます。例えば、フェルト作品の出店が増えてきた時期などもあれば、今はレジンと呼ばれる樹脂の作品やプラバンアクセサリーなどもバラエティ豊かになりました」と、広報担当の輿石さん。

昨年は1万7千人もが訪れた「ヨコハマハンドメイドマルシェ」。料理好き女子や手芸好き女子を誘って、世界にひとつだけのオリジナルに出会いに行こう。