タモリ

写真拡大

10日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で、タモリが浜崎あゆみの楽曲の歌詞を絶賛する一幕があった。

番組では架空のバー「WHITE RAINBOW」を舞台に、ママ役の宮沢りえと、岩手県でジャズ喫茶を営む「吉原さん」役のタモリ、ゲストの草なぎ剛がをトークを展開した。

夢や愛についての話題になるとタモリは「愛は素晴らしいというが、それが達成されない場合、人を殺す」「執着なんだ。愛って綺麗なもんじゃない。悪くなったらすごく汚い」と、別の側面を指摘した。

すると宮沢は感心した様子で声をあげ「愛と憎悪は裏っ返しってことですか?」とタモリに訊ねると、タモリは「いいときは綺麗、悪くなったらもの凄く汚いもの」と持論を展開し、宮沢を唸らせた。

続けてタモリは「若い人が『愛』だと思っているのは『恋』にすぎない」「『愛』は神にしか言えない」と語り、さらに交際相手への心変わりについては、理由の前に感情があるとして「嫌いだから理由が色々見つかってくる」「(相手への)見方が良いとき、それが『恋』」との説を唱えた。

その後タモリは「浜崎あゆみの曲で感心したことあんのよ」と、唐突に語り出し「『始まりはワケもなく始まり、終わりは必ず理由を持つ』っていう歌詞があって」「これはよく言いあらわしてるなぁと思って」と絶賛した。

なお、この歌詞は2000年にリリースされた浜崎の楽曲「M」の「理由(ワケ)なく始まりは訪れ 終わりはいつだって理由(ワケ)を持つ…」という最後のフレーズで登場する。

【関連記事】
タモリが番組中に古伊万里発掘の快挙を成し遂げる「かなりのもんじゃない?」
タモリが夢を持つ生き方を非難「夢があるようじゃ人間終わりだね」
石橋貴明が「ヨルタモリ」内の番組企画に驚き隠せず「放送事故かと」