「自然」を愛する人は、幸せで健康的になり、さらにはクリエイティブになれると判明

写真拡大

自然に触れることが健康に良いと言われているけど、そもそも本当にカラダにとって良いの?

ここではそんな疑問にデータで答えている「Elite Daily」の記事を紹介します。なんと森林が人を癒し免疫力を高め、さらにはクリエイティブな能力を高めてくれることが研究結果で明らかになったとか。

ハイキングや森林浴にあまりいかない人でも、読み終わった5分後にはいきたくなるかもしれませんよ…。

Hike

Reference: Loren Kerns

都心の喧騒を離れ、大自然の中で過ごすのは素晴らしいことです。聞こえてくるのは、あなたの足音と風や木々のざわめき、そこに息づく生命の息遣いだけ。

しかし、近年ますます自然と触れ合う人の数が減っています。特に若者は、自然の中で過ごすよりも都会にいることを好みます。もちろん街の中にも美しい公園はありますが、森の中で木々に囲まれることとは全く意味が異なります。

自然探検家であり環境問題研究家であるジョン・ミューア氏は、「森へ出かけることは、家に帰ることと同じだ。私たちは母なる自然から生まれたのだから」と述べています。

都会を離れ自然と触れ合うと、あなたは大きな恩恵を受けることができます。より幸せに、健康的に、そしてクリエイティブになれるのです。その理由を紹介していきます。

森林浴がもつ、驚きの効果とは?

多くの研究を通じて、私たちは自然から心理的な恩恵を受けられることがわかっています。山へ出かけて木々や植物などに触れれば触れるほど、幸せな気持ちになることが可能です。たとえ多くのストレスを抱えていても、そこにいけば強烈な癒しを与えてもらうことができます。

千葉大学で、280人の被験者が24か所の森林を訪れて行われた、「森林浴が持つ効果」についての研究があります。

全体の内、半数の人が1日森の中で過ごし、残りの半数の人は都心で過ごしました。その翌日に全員入れ替わり、同じように1日過ごしました。

すると、森の中で過ごした時の方がストレスにより分泌されるコルチゾールという物質が減ることが分かり、血圧や心拍数も低くなることが明らかになりました。人は自然の中で過ごした方が、都心にいるよりもリラックスすることができるのです。イライラした気分の時は森の中で散歩をすれば、心を落ち着かせることができるのです。

hiking Dingmans Creek Area

Reference: Loren Kerns

自然の中では、免疫力が高まる!

心だけでなく体もまた、自然から恩恵を受けることができます。

森林には、人間が持つ免疫力を高めてくれる、フィトンチッドなどの精油(エッセンシャルオイル)が含まれています。

木々はフィトンチッドを放出して、害虫に食われたり腐ったりしないように自らを守ります。日本メディカルスクールが行った研究によると、フィトンチッドの香りを嗅ぐと、白血球の機能が活性化され免疫力が高まるそうです。

そういった理由から、血圧を低くして心臓病のリスクを減らすには、ハイキングが最適です。山の中を歩けば、体の芯が強化され体重を減らすことができ、肉体的にも精神的にもメリットを得ることができるのです。

心が研ぎ澄まされ、
クリエイティブになれる

さらに、ユタ大学とカンザス大学が行った共同研究によると、自然の中で過ごすと直感が研ぎ澄まされ、よりクリエイティブになれることが分かりました。

その研究では56人の被験者が、アラスカ州やコロラド州などの大自然の中で電子機器に一切触れずに4〜6日間を過ごしました。その結果、クリエイティビティや注意力、問題解決能力といった力が50%アップしたことが明らかになったそうです。

この研究結果についてはより考察を深めていく必要がありそうですが、自然環境には私たちの脳を刺激し、クリエイティビティを高めてくれる力があります。また、音楽や絵画文学と言った歴史上の偉大なアートは、自然を愛し自然の中で生きた先人たちにより生み出されたことも周知の事実なのです。

さぁ、大自然の中にでかけよう

最後に、「アンネの日記」の著者であるアンネ・フランク氏の言葉を紹介します。「恐れや不安、さみしさを解消するには外へ出かけることが一番。自然はすべての困りごとを慰めてくれると信じています」。

さぁ、大自然はいつでもあなたがくるのを待っています。次の休みには森に、ハイキングへ出かけてみてはいかがでしょうか?

Licensed material used with permission by Elite Daily