全長4.2〜4.3mくらいのハッチバックは専門用語で"Cセグメント"と呼ばれている。ボディサイズが大きすぎず、それでも大人4人が不足なく乗れる広さはあり、後席を倒せるのでイザというときは大荷物もOK......というCセグメントは、一家に一台のファミリーカーとしての最大公約数みたいな存在だ。

 Cセグメントは世界的にまんべんなく売れる基幹商品なので、各社ともなにかしらのカタチで用意しており、とくに欧州車ではド定番のジャンルだ。しかし、日本の輸入車市場を見てみると、このクラスはフォルクスワーゲン・ゴルフ(第64回参照)が絶対王者。Cセグメントは各社ともけっこうな力作を用意しているのだが、知名度でも商品力でもゴルフがあまりに圧倒的。とくに日本ではゴルフ以外のCセグメントが大成した例がほとんどない......というのが現実である。

 プジョー308もまさに"フランス版ゴルフ"というべき1台である。308は先代もここで取り上げた(第19回参照)が、今回の308は基本骨格となるプラットフォームもエンジンも完全刷新されて、骨の髄から新しいブランニューモデルだ。

 プジョーを含むフランス車は歴史的にデザインや走りにキラリと光るところがありながらも、どっかにスキやツッコミどころがあったりして、マニアにはそういう"愛嬌"がまたツボだったりした。しかし、新型308は有史以来(!)最もスキがないフランス車と断言したい。細部の作り込みや塗装や樹脂類の品質感、ドアや走りでの剛性感、そして安全やエコ関係のハイテク......といったドイツモノの大得意分野において、最新のゴルフとならべて比較しても、新型308は「だからフランス車は......」とグチりたくなる明らかなツッコミどころもまったくないのだ。

 こうしてクラス最良レベルに達しつつも、そこからさらに一歩踏み出しているところが308のツボである。たとえば、室内機能を液晶タッチパネルに集約してスイッチ類を激減させたインテリアデザインや、最初は「遊園地のゴーカート用を間違ってつけちゃったか!?」と錯覚しそうになるほど小径で楕円形のステアリングホイールなど、独自のスパイスがピリッと利いている。

 もっとも、見た目にカッコいい液晶タッチパネルも、エアコンの温度調整ひとつもピッピッと数タッチを要したり、メーターを上から見るほど極小の楕円ステアリングは、慣れないと操作に違和感あったり......と、スパイスが利きすぎ感もなくはない。まあ、昔のシトロエンや超高速旅客機のコンコルドなどが好例だが、フランスはときおり、こういうハイテクを先走らせてしまうクセがある。逆にいうと、308のツッコミどころはそれくらい。これくらいの愛嬌が残っていたほうがツボ......ということもできる。

 しかし、そんな新型308をここで取り上げたくなった最大のツボは、やっぱり走りがステキだからだ。308は先代(第19回参照)の走りも絶妙なフワピタ味だったが、新型はそのフワピタを、車体の水平を保ったままやってのけるのが新しい。

 新型308のエンジンはゴルフが先べんをつけたダウンサイジングターボの一種で、絶対的な性能が従来の1.6Lクラスなのは、ゴルフの売れ筋モデルと同等。ダウンサイジングターボ時代に入ってからのエンジンは、細かい排気量や気筒数が各社バラバラなのが、われわれ選ぶ側にとっては楽しい。

 プジョーの場合は1.2Lの3気筒だが、このほどほどの存在感(=震動)や低速のパンチ感がなんとも絶妙。ダウンサイジングエンジンのおかげでクルマの鼻先がこれまでより明らかに軽くなったので、ステアリングを大きく切った奥の、さらにその奥までグイグイ強力に利いて、なおかつ軽快に曲がるところも、新型308の新しくて気持ちいいツボ。このクラスで、これほど軽快なヒラヒラ感があるクルマはほかにない。前出の極小ステアリングも、じつはこのヒラヒラ感を強調する重要アイテムになっていて、そういう深い部分での作り込みがまたツボなのだ。

 まあ、何年後かの下取り価格や細かい装備類まで含めたコストパフォーマンスを考えれば、まだまだ王者ゴルフの商品力が抜けているのは事実。ただ、そんなゴルフと同じ土俵で比較したうえで、しかも「どうせなら、ちょっと変わって面白いヤツが欲しい」なんてヒネリを求めるなら、現時点では新型308が最強のゴルフキラーである。

佐野弘宗●取材・文 text by Sano Hiromune