盛りあげよう!東京パラリンピック2020(24)

 2020年の東京パラリンピックで実施される22競技が今年の1月に決まった。陸上、アーチェリー、ボッチャ、馬術、ゴールボール、パワーリフティング、ボート、射撃、シッティングバレーボール、競泳、卓球、トライアスロン、車椅子バスケットボール、ウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)、車いすテニス、カヌー、自転車、視覚障がい者5人制サッカー、柔道、車いすフェンシングのほか、東京大会が初の実施となるバドミントンとテコンドーが入った。

 来年に控えたリオパラリンピックで、さらにその先の東京パラリンピックでは、目の前で観戦することになるかもしれない競技の見どころ、活躍している選手などを、競技の一瞬を切り取った写真とともに紹介していく。まずは "陸上競技"から。陸上と言ってもオリンピックと同じく種目が多く、さらに障がいのクラス分けを行なうため細分化(※)されている。その中から5種目を紹介する。
※ロンドンパラリンピックでは短距離100mで切断、車椅子、脳性まひ・知的障がい、視覚障がいクラスが実施され、金メダルは15個だった。

■陸上・トラック競技/切断クラス

 普段の生活で使用する義足とは違い、走る、跳ぶなどの動きに対応した形になっている。カーボン製で底にはスパイクと同じようにピンが取り付けられている。写真の山本篤選手(5番/33歳/スズキ浜松AC)は、片大腿切断(T42クラス)で、短距離、走り幅跳びを中心に活躍中。走り幅跳びでは、2008年北京パラリンピックで銀メダルを獲得し、義足の選手として、初めて日本にパラリンピックのメダルをもたらした選手である。/撮影:2014仁川アジアパラ大会

■陸上・トラック競技/車椅子クラス

 トラック、ロードの車椅子クラスでは主に"レーサー"と呼ばれる3輪の車椅子を使用する。この形は短・中・長距離やマラソンも基本的には同じである。写真の樋口政幸選手(6番/36歳/バリストライド)はロンドンパラリンピック以降、中・長距離に力を入れて、日本のトップクラスで活躍している。/撮影:2014ジャパンパラ陸上競技大会

■陸上・トラック競技/視覚障がいクラス

 視覚障害クラスのトラック競技やマラソンでは、リング状にした紐を頼りに、伴走者(ガイドランナー)と一緒に走る。この紐は選手にとって、ガイドランナーと自分をつなぐだけでなく、心も通わせ一緒に走ることから、"キズナ"と呼ばれることもある。写真は全盲クラスの和田伸也選手(37歳/JBMA)。ロンドンパラリンピック5000mでは、銅メダルを獲得している。/撮影:2012ロンドンパラリンピック

■陸上・マラソン/車椅子クラス

 トラック競技と同じく、車いすマラソンも3輪のものを使用する。距離は42.195kmと健常者のマラソンと同じである。国内の大会としては、毎年10月頃に行なわれる大分国際車いすマラソンが有名。車いすマラソンの男子世界記録は、1時間20分14秒で、車いすマラソンの魅力はそのスピード感ある走りだ。写真は土田和歌子選手(43歳/八千代工業)。女子選手のマラソン世界記録保持者である。/撮影:2011陸上世界選手権大会

■陸上・フィールド競技/切断クラス

 フィールド競技の切断クラスでは、高飛び(ハイジャンプ)のほかにも、幅跳び、三段跳び、砲丸投げ、円盤投げ、やり投げがある。写真はハイジャンプの鈴木徹選手(35歳/プーマジャパン)。ロンドンパラリンピックでは4位に入賞している。2006年のジャパンパラでは2mを跳び、義足のジャンパーとしては世界で2人目の2m越えを記録した選手になった。/撮影:2012ロンドンパラリンピック

 2016年リオパラリンピック、2020年東京パラリンピックでもメダル獲得の可能性がある陸上競技。パラスポーツをより深く知ることで、さらにパラリンピックを楽しめるだろう。

スポルティーバ●文 text by Sportiva