トミカ、プラレールと組み合わせれば遊びの広がりが生まれる

写真拡大

タカラトミー(東京都葛飾区)は、手のひらサイズの1ギミック(可動箇所)動物フィギュア「アニア」から、列車型プレイセット「アニマルトレイン」シリーズ3種を2015年5月28日に発売する。価格は各2200円(税別)。

動物デザインの先頭車両と貨車の2両編成に動物フィギュア「アニア」がセット

「パンダさん貨車」「ゾウさん貨車」「ワニさん貨車」の3ラインアップで、動物デザインの先頭車両と貨車の2両編成に、「アニア」1体が付属する。例えば「パンダさん貨車」は頭を横に振りながら足が前後に動くなど、転がすとそれぞれ違うアクションをする。

同社のダイキャスト製ミニカー「トミカ」、鉄道玩具「プラレール」と一緒に遊べるようサイズを統一してつくられており、クルクルと360度回転しながら進む貨車にアニアやトミカを載せられる。車両前後に連結器がついており、アニマルトレイン同士をつなげたり、プラレールの動力車につないで青いレールの上を走らせられるなど、遊びの広がりが出るように工夫しているという。