【漫画】鉄腕アトムがネコに!? 手塚治虫作品の「隠れた奇作・怪作」3選

写真拡大

『鉄腕アトム』や『ブラックジャック』、『火の鳥』など、数々の名作を残した漫画家・手塚治虫氏。そんな同氏の作品の中で、ひときわ異彩を放つのがニヒルなユーモアが散りばめられた奇作や怪作。今回は手塚作品400冊をそろえるスマホサイト「Tezukanizer」で見つけた珠玉の作品を紹介していきます。

サザエさんからラピュタまで! 名作アニメの知られざる「その後」

作者自身がセルフパロディー!
ネコ版アトムが活躍する『アトムキャット』

手塚治虫氏の代表作『鉄腕アトム』。「7つの威力」を持つ少年ロボットのアトムが活躍する、言わずと知れた名作漫画です。実はこの作品には、作者の手塚氏自身によるセルフパロディーが存在することをご存じでしょうか?

作品の名は『アトムキャット』。『鉄腕アトム』に憧れる少年・つぎ夫の拾った野良猫が、交通事故をきっかけに宇宙人に改造されてサイボーグ化するというトンデモ展開なギャグ漫画です。

本家のアトムには「目がサーチライトになる」や「お尻からレーザーガンが撃てる」といった個性的な特殊能力が備わっていましたが、それに比べるとアトムキャットは少しばかり地味。見た目は割とネコそのものですし(毛並みのモフモフ感に関しては◯)、主な戦闘スタイルはネコパンチと爪での引っかき攻撃と決定打に欠けます(笑)。

ある場面では、「夜こそネコの天下!」と得意気に叫びながら夜空を飛び回るアトムキャットの姿が確認できるので、ネコだけに夜目はきく様子。でもこれはサイボーグならではの特殊能力というよりは夜行性動物に元来備わっている能力ですね(笑)。

とはいえ、足から出る強力なジェット噴射やネコ離れした怪力は、本家のアトム同様にかなり強力。ジェット噴射の炎で敵を燃やし殺す容赦のない一面も……。作中では、『鉄腕アトム』のコミックスを読むつぎ夫が「7つの威力」に関して、「なんかせこいなぁ」なんて呟く場面もあり、手塚氏の自作に対する自嘲が見え隠れして笑えます。

この作品が描かれたのは、漫画家として栄華を極めた手塚氏の晩年期。手塚氏はユーモアいっぱいに描き上げたこのセルフパロディー作品にどんな思いを込めたのでしょうか。

■日本全土が発狂状態に!
霊魂の世界を描いた異色のSF作品『日本発狂』

科学と超常現象を織り交ぜながら描写される手塚氏独自の死生観は、同氏の作品を語る上では外せないエッセンスのひとつ。『火の鳥』や『ブラック・ジャック』では人の脆さと命の儚さを、『鉄腕アトム』では感情を持ったロボットの尊厳と苦悩を、それぞれ独自の視点で描き上げています。

「生と死」をテーマにした同氏の作品の中でも、筆者が特にオススメしたいのが『日本発狂』というお話です。タイトルのインパクトもさることながら、さらに驚かされるのは斬新すぎる舞台設定。この物語で描かれるのは、幽霊達が熾烈な戦争を繰り広げる死後の世界なのです。

ひょんなことからあの世の秘密を知ってしまった少年・北村一郎も、そんな争いに巻き込まれる魂のひとつ。作中では、無理やり魂を抜かれて死後の世界に連れてこられた一郎と、争いに疲れ果てて現実世界へ逃避しようとする幽霊達との交流が描かれています。

特に印象的なのは、作中で描かれる幽霊達の妙に人間臭い感情表現。自己主張が強く、幽霊同士で恋に落ちたかと思えば、不平や愚痴だって言い合います。そう、あの世には極楽浄土なんてものは存在せず、現実となんら変わりのない争いとエゴに満ちた幽霊達の暮らしがあったのです。理不尽な抑圧の果てに「人としての尊厳」を主張し続ける幽霊の姿を見ていると、現実世界に生きる人間と彼らの違いなんてどこにもないような気すらしてきます。

背筋が凍るようなホラーシーンはあまりありませんが、オカルト話が好きな方にはオススメの作品です。

■『ブラック・ジャック』よりもある意味黒い医療漫画『きりひと讃歌』

手塚治虫氏の医療漫画といえば、まず初めに頭に浮かぶのは、かの名作『ブラック・ジャック』でしょう。医師免許を所持していた手塚氏が描く架空の奇病の数々は、妙にリアリティーがあって鳥肌がたったものです。

しかし、手塚氏が残した医療漫画は何も『ブラック・ジャック』だけではありません。むしろ『ブラック・ジャック』以上にリアルな医学界の闇を描いた作品があるのです。

その作品の名は『きりひと讃歌』。『ブラック・ジャック』が世に出る約3年前に小学館の『ビックコミック』で連載された成人向け漫画です。

手塚氏が大阪大学医学部をモデルに描いたというこの作品では、権威に溺れて道理を見失った医学者達の醜い闘争が「これでもか!」というほどにドス黒く描写されています。

そしてこの物語の核となるのが、体が徐々に犬のように変形していってしまう奇病「モンモウ病」です。医師でありながら、自らもモンモウ病に感染してしまった主人公・小山内桐人(きりひと)は、その奇異な容姿から周囲に差別と偏見の目を向けられ苦悩します。

作中では、あらゆる逆境や辺境を跳ね除け、未知の奇病を解明すべく奮闘する桐人の姿が描かれており、獣の肉体に変貌しても人として歩むべき道を踏み外すまいとするその信念に胸が熱くなります。

ここで思い出したいのが、先に紹介した『日本発狂』で描かれていた、死してなお「人としての尊厳」を主張する幽霊達の姿。この二作に共通する「肉体や生死の枠組みに縛られない尊厳の在り方」は、手塚作品の根底に流れるひとつのテーマなのかもしれません。

漫画でありながら、時に文学作品のような哲学的な気づきや教えを与えてくれる手塚作品。誰もが知る名作の陰には、あなたの知らない手塚治虫の一面が隠れているかもしれません。

ご興味のある方は、ぜひここで紹介した奇作や怪作を手に取ってみてください。

【Tezukanizer情報】
サービス名:Tezukanizer
全400冊の手塚治虫作品を読める無料のスマホサイト。50音別、ジャンル別に手塚作品が分類されており、読みたい作品を検索して試し読みができる。漫画に限らずアニメ作品の一部も無料で鑑賞可能。